メインコンテンツにスキップ

世界がデジタル時代を迎え、企業は変革のための安全な基盤の確立にかつてないほど注力しています。 消費者取引の保護であれ、市民の安全な移動の実現であれ、政府機関も企業も同様に、ますます分散化する環境全体でシームレスにIDを認証する方法を必要としています。

幸いなことに、安全で身元が確認された電子署名のようなソリューションがあります。 十分に保護された電子署名インフラがあれば、組織は将来にわたってやり取りを保護し、急速に進化する環境のリスクから身を守ることができます。

電子署名とは何か、どのように機能するのか、どのように活用できるのかなど、電子署名について詳しく知りたい方は、続けてお読みください。

電子署名とは

電子署名、またはe署名は、デジタル文書に署名する効率的な方法です。 従来の署名プロセスに代わるものとして、署名者は電子的手段によって、あらゆる記録や取引に自分の名前を付けることができます。

電子署名は、人物を仮想的に表現したものだと考えてください。 紙の署名と同じように、電子署名も次の用途に使われます:

  1. 法的文書の真正性の証明
  2. 署名された文書の条件に拘束される意思の立証

電子署名は、場面によって異なりますが、一定の要件を満たす限り、手書きの署名と同じ法的効果を持ちます。 さまざまなセキュリティ対策が施されているため、あらゆる法的文書に完全に安心して署名することができます。

なぜ電子署名が必要なのか

手書き署名のプロセスは比較的簡単です。 紙の文書を開き、署名欄の上に自分の名前をサインすれば、完了です。 デジタルの世界では、そう簡単にはいきません。

電子取引は、特にリモートワーク、eコマース、オンラインビジネスモデルの台頭により、ますます一般的になっています。 その結果、消費者も政府も組織も、場所に関係なく文書を認証し、意思を証明する方法を必要としています。

さらに重要なことは、最大限の安全性を確保することです。 電子取引が急増するにつれ、偽造、否認、その他の法的紛争など、関連するリスクも増大しています。

手書きの署名は通常、その信憑性を証言できる証人の保護を受けています。 しかし、電子署名はより洗練されたメカニズムに依存しなければなりません。 幸いなことに、技術の進歩に伴い、電子署名ソフトウェアやその他のソリューションにより、事業体は正確性と真正性を簡単に証明できるようになっています。

デジタル署名と電子署名の違いとは?

簡単に言えば、電子署名とは、デジタル文書の認証、認証、署名に使用される技術全般を表す包括的な用語です。 対照的に、デジタル署名は、より高いレベルの信頼を提供する電子署名の一種です。

デジタル署名は、公開鍵基盤(PKI)によって実現されるため、電子トランザクションを検証するためのベストプラクティスとして広く認識されています。 簡単に言えば、PKI はデジタル証明書と呼ばれる暗号資産を発行する資格情報システムであり、Entrust のような認証局(CA)からしか取得できません。 デジタル証明書はパスポートのようなもので、それぞれが署名者に固有であるため、身元証明として機能します。

署名プロセスは、文書署名証明書として知られる特別な暗号資産を活用します。 誰かが法的文書に電子的に署名すると、証明書は、署名されたときのタイムスタンプとともに、署名の中に自分自身のコピーを埋め込みます。

さらに、デジタル署名は文書の正確な内容に基づいて計算されます。 つまり、それ以降の変更は署名を破ることになり、改ざんや否認の回避に役立つのです。

これらの機能を組み合わせることで、署名者がデジタル文書や自分の署名の存在や有効性を否定することを防ぐことができます。 また、デジタル署名は、セキュリティや信頼性を損なうことなく、リモートでのコミュニケーション、取引、ビジネスを行うための信頼性を提供します。

電子署名の3大タイプ

世界のほとんどの地域では、電子署名はその保証レベル、つまり署名者の意思や同意、身元をどれだけ保証できるかによって分類されます。 これは、信頼性を評価し理解するための標準的な方法を提供することを目的としています。

一般的に、電子署名の保証には3つの段階があります:

  1. 低保証: 電子形式の署名はすべて電子署名とみなされます。 実際、マウスで描いた署名、スキャンした紙の署名をデジタル文書に貼り付けたもの、あるいはPDFにタイプした名前など、簡単なものでよいのです。 残念なことに、これらの基本的な形だと、簡単に不正ができてしまいます。
  2. 高保証: デジタル署名は本来、より信頼できるものです。 公開鍵インフラとデジタル証明書を使用しているため、偽造や不正がはるかに難しいのです。 さらに、デジタル署名は改ざんが不可能であり、署名された文書の内容が改ざんされることを防ぎます。
  3. 規制高保証: 法律で規制されているデジタル署名が最も信頼できると考えられています。 PKIおよび文書署名証明書に加え、これらの署名はローカル標準に準拠していなければなりません。 さらに、署名インフラは通常、監査と厳格な規制の対象となる「トラストサービスプロバイダー」(TSP)と呼ばれるエンティティによって維持されています。

署名の例:eIDAS規制

具体的な規則、基準、定義は国によって異なります。 しかし、法的に電子署名を認めているほとんどの法域では、独自の仕様があるにせよ、上記の多層的なアプローチを維持しています。

欧州連合(EU)はその良い例です。 2016年にEUは、「electronic Identification, Authentication, and Trust Services」の略称であるeIDASを制定しました。 この規則により、EU加盟国全体で電子署名の法的枠組みが確立され、すべての法域が単一の法律の下で調和されることになりました。

eIDASでは、署名は次の3種類に分けられます:

  1. 基本電子署名: 最も基本的な電子署名であるこのタイプは、強力な署名者認証や本人確認を必要としないため、導入が最も容易です。 しかし、最も保証の少ない方法でもあります。
  2. 高度電子署名: このタイプはより厳密な要件があり、生体認証、アクセスコード、デジタル証明書、 その他の電子的手段で本人確認を行うよう署名者に求めることができます。
  3. 適格電子署名: より強力な技術的要件を備え、高度電子署名よりも洗練されたこのタイプは、最高レベルの保証を提供します。 高度署名も適格署名もデジタル署名ですが、後者の方がより安全で、厳しく規制されています。

注目すべきは、適格電子署名は厳しい要件を満たさなければならないということです。 電子証明書は、eIDAS適格の電子証明書を含むだけでなく、適格なTSPが発行する適格なトークンまたは署名生成デバイス(SCD)を使用して生成されなければなりません。

署名作成デバイスとは

SCDは、電子証明書をホストし、電子署名を生成するために設計されたハードウェアデバイスです。 最も一般的な2つのタイプには、USBトークンとハードウェアセキュリティモジュール(HSM)があります。

USBトークンの場合、ユーザーはデバイスをコンピュータに直接挿入し、電子証明書にアクセスすることができます。 一方、HSMはローカルコーポレートネットワークか、TSPがホストするクラウドに保存され、ユーザエクスペリエンスに影響を与えることなくアクセスして署名を生成することができます。

Qualified Signature Creation Device(QSCD)は、eIDAS認証プロセスを通じて審査されたものです。 適格な電子証明書を使用して適格な署名を生成できるのは、QSCDのみです。

電子署名は何に使われますか

デロイト社によると、世界の電子署名市場は2026年までに140億ドルを超え、年率30%という驚異的な成長を遂げるといいます。 その理由の多くは、世界各国の規制が後押ししていることにあります。

ここでは、さまざまな分野で電子署名がどのように活用されているかを紹介します:

金融サービス

銀行や信用組合のような金融機関は、従来、さまざまな業務アプリケーションを紙ベースのプロセスに頼ってきました。 現在では、電子署名やデジタル署名を活用することで、自社と消費者の双方にとって、信頼を最大化し、リスクを軽減することができます。

例えば、顧客のオンボーディングです。 以前は、銀行は新規顧客に対し、物理的に支店を訪れ、紙に直筆でサインを書いて口座を開設することを義務付けていました。 現在では、安全なデジタル署名を使用することで、顧客がフォーム、開示書類、その他の契約書に電子的に署名できるようになり、金融機関は口座開設を合理化できます。

さらに、デジタル署名はタイムスタンプが押され、改ざんができないため、意見の相違があっても簡単に争うことができない電子的な監査証跡として機能します。

販売契約

業種を問わず、売買契約書はビジネスにとって最も重要な法的文書であることが多いドキュメントです。 業務範囲(SOW)であれ、マネージドサービス契約(MSA)であれ、契約は重要なウェイトを占め、全幅の信頼をおいて作成、書面化、署名されなければなりません。 しかし、従来の署名プロセスは時間がかかり、不必要に複雑になる可能性があります。

電子署名を使えば、組織はセキュリティを犠牲にすることなく、文書署名プロセスを迅速化できます。 本人確認は迅速かつシームレスであるため、両当事者は時間や場所に関係なく点線に署名することができます。 これにより、販売サイクルを加速させ、物理的な書類作成の必要性を減らすことができるのです。

政府・行政サービス

政府の分野では、正確でアクセス可能な監査証跡を必要とする多くの種類の契約があります。 コンプライアンス文書や方針変更から、備品請求書や福利厚生申請書に至るまで、電子署名は機関や市民がワークフロー全体を簡素化し、安全性を確保するのに役立ちます。

例えば、地方自治体の財政支援を申請することを想像してみてください。 市民は、仕事を休んで事務所に出向くのではなく、電子署名ソリューションを使って電子フォームを提出することができます。 これはプロセスをスピードアップするだけでなく、提出のデジタル記録によって説明責任と可視性を高めます。

人事

Forbesが報じたように、人事(HR)部門は採用や募集に関する文書に電子署名を使用することが多くなっています。 新入社員の受け入れには多くの書類が必要ですが、電子署名ソリューションがあれば、署名者は自宅を離れることなく契約を完了できます。 これは、オフィスの近くに住んでいない遠隔地の従業員にとっては特に重要です。

どの署名が必要なのか

実際、電子署名は数え切れないほどの波紋を広げています。 とはいえ、用途はそれぞれ異なり、署名者の身元、意図、および署名への同意について、より高いレベルの信頼性を必要とする場合もあります。 例えば、住宅ローンへのサインは、配達へのサインよりもはるかにデリケートな取引です。

また、すべての電子署名が同じように作成されるわけではないため、特定の状況下でリスクを最小化するために証明レベルを調整することも可能です。 署名には法的な価値があるため、適切な法律顧問と協力して、署名プロセスで収集した証明が、適用される規制に沿ったものであり、紛争に備えて十分なものであることを確認することが極めて重要です。

署名の種類を選ぶ際には、以下の点に留意するのがベストプラクティスです:

  1. 国および州の法律、例えば米国の電子署名法など
  2. 国境を越えた規制、例えばEUのeIDASなど
  3. 業界要件、例えばKnow Your Customer(KYC)またはマネーロンダリング防止法(AML)など

電子署名ソリューションのメリット

なぜ電子署名を導入すべきなのか 実のところ、理由はたくさんあります。 セキュアな電子署名ソリューションにより、以下のような多くのメリットが得られます:

  • 柔軟性: いつでもどこからでも電子文書に署名できます。 電子署名を利用することで、より迅速で、より効率的で、よりユーザーフレンドリーなプロセスにより、従業員と顧客のエクスペリエンスを向上させることができます。
  • セキュリティ: すべての取引を認証し、すべてのデジタル契約において不正行為と戦います。 さらに、法的な保証を高め、賠償責任を軽減することで、風評被害の脅威を抑えることができます。
  • イノベーション: スピードと効率の測定可能な改善により、署名プロセスを加速します。 電子署名は、統合された契約ワークフローの展開を最適化し、弾力性を強化しながら生産性を最大化することができます。
  • コンプライアンス: デジタル監査証跡を作成し、米国、欧州連合(EU)、およびそれ以外を含む、地域、国、および国際的な規制との整合性を確保します。

電子文書署名の仕組み

電子文書サインの背後にある技術は、ニュアンスが複雑で高度に聞こえるかもしれませんが、ユーザーの体験は実際には非常にシームレスです。 実際、開始から終了まで数分しかかからないこともあります。

一般的に、これは5つの基本的なステップで行われます:

  1. オンボーディングとクレデンシャル: まず、文書署名システム内でユーザーまたは組織を設定します。 多くの場合、複数の認証方法を通じて、ユーザやその組織の身元を検証します。
  2. 署名要求: オンボーディングが完了すると、署名してほしいデジタル文書を選択し、必要な関係者を招待することで、システムが署名依頼を開始します。
  3. 本人確認: 署名者が電子署名を追加する前に、完全性とセキュリティを確保するために自分自身を認証しなければなりません。 これは通常、電子メールやSMSによる確認など、多要素認証(MFA)を使って行われます。 署名者が最初にオンボーディングステップを経ていない場合、この段階で本人確認プロセスを起動することができます。
  4. 署名生成: 署名生成プロセスは、選択された署名のタイプによって異なります。 単純な電子署名の場合、文書に落書きを加えることができます。 電子署名が生成される場合、文書署名証明書は、検証された各署名者のためにTSPによって生成されます。 証明書は署名の生成に使用されます。 ユニークなトランザクションIDが作成され、プロセスの各ステップが法的目的のために監査証跡に記録されます。
  5. 署名入り文書の配布: すべての署名が収集された後、署名された文書は将来の参照のために安全に保管されます。 ユーザーは自分の記録のために安全なコピーにアクセスすることができます。
電子署名処理フロー

Entrustで取引を安全に

デジタルトランスフォーメーションには、信頼が不可欠です。 良いニュースは? Entrustは、あらゆる形や規模の組織向けの電子署名ソリューションの完全なポートフォリオにより、可能な限り摩擦のない変革を実現します。

企業、政府機関、またはその中間であろうと、当社のグローバルに信頼される証明書サービス、nShield HSM、および堅牢なIDプラットフォームは、どのようなニーズにも強力で安全な署名を可能にします。 当社の特定署名ポートフォリオをサポートする製品とサービスは、個別に統合することも、フルスタックソリューションにバンドルすることもできます。 これには以下が含まれます:

  • Entrust Remote Signing Serviceは、電子証明書の発行とホスティング、安全な電子署名生成のためのクラウドベースのソリューションです
  • Entrust Signing Automation Serviceは、企業がブランド証明書とデジタルシールを発行できるようにするクラウドベースのソリューションです
  • Entrust Document Signing Certificatesは、セキュアなUSBトークンまたはHSMを使用して、信頼できる個人または従業員の署名を作成できます
  • Entrust Identity as a Serviceは、堅牢でフィッシングに強いMFAを通じて、従業員、消費者、および市民に信頼できるID管理を提供するマネージドオファリングです
  • Signhost by Evidos — an Entrust company — provides a cloud solution for orchestrating signature requests, authenticating signers, generating signatures, and distributing documents in one comprehensive platform.

グローバルスタンダードに沿った業界トップクラスの技術に支えられたEntrustが、電子署名の力を活用するお手伝いをいたします。 PKI、HSM、認証、デジタル署名の専門家として、当社はお客様独自のニーズに合ったクラス最高の高保証ソリューションを提供することができます。

Contact our team today for more information about how Entrust can support your digital transformation.