メインコンテンツまでスキップ
紫色の六角形のパターン

量子の脅威

IBM Quantumシステムは、2025年までに4,000キュービット以上という目標に向かってスケールアップしており、将来的に、既存の物理的電子機器の現在の能力を超えます。

中国の科学者たちは、世界で最も強力なスーパーコンピューターが8年かかる作業を、56-qubitの量子コンピューターが1.2時間で完了したと発表しました。

Global Risk Instituteが行った専門家の調査では、2027年には、量子コンピュータがセキュリティを脅かすと予測されています。

Entrust を選ぶ理由

主な利点と機能

クリップボードのチェック済み一覧のアイコン

暗号化ヘルスチェック

Entrustの専門家にご相談いただければ、PQ対策として、暗号インベントリの評価を支援するベストプラクティスとディスカバリーツールをご紹介致します。

鍵アイコン

PKIヘルスチェック

PKIヘルスチェックは、公開鍵基盤戦略の健全性とリスクを評価し、対処するためのガイダンスとツールを提供し、正しいテクノロジーとポリシーの備えができているかどうかを確認します。

シールドチェック

将来を見据えたサイバーセキュリティ

当社は「PQ対応」ソリューションを米国標準技術局(NIST)のガイドラインに適合させ、お客様の組織とその機密データを今日、明日、そして将来にわたって保護します。

3人のユーザのアイコン

企業の信頼

CEO、取締役会、およびその他の利害関係者に、ポスト量子暗号への移行に関する企業全体の戦略とロードマップを、自信を持って提示しましょう。

管理者設定アイコン

暗号アジリティの強化

純粋なPQCを今すぐ実装するか、PQ対応暗号化アルゴリズムの暗号化システムを使用してセキュリティにハイブリッドアプローチを採用することで、最も機密性の高いデータを「今収集し、後で復号化する」攻撃から保護します。

ユーザチャートのアイコン

意思決定の強化

暗号化資産を可視化して、移行に、可能な限り最適な優先順位を付けることができるようにします。

ポスト量子暗号(PQC)セルフチェック

この評価は、ビジネス内に存在しない領域、または暗号化のアジリティを妨げる領域を特定することにより、新しく出現する暗号の脅威に対する組織の現在の準備状況のレビューに積極的に焦点を当てています。

今から準備する方法

どのような暗号資産やアルゴリズムがどこにあるのかを把握することは、どんなケースでもベストプラクティスであり、ポスト量子暗号に備えるために不可欠です。

プラムチェックマークアイコン

データ

長期保存データ(10 年以上機密を保持する必要がある機密データ)がどこにあるかを把握し、データフローを理解しましょう。

プラムチェックマークアイコン

暗号資産

環境全体のすべての暗号化資産(鍵、証明書、シークレット、およびアルゴリズム)とそれらが保護しているものの完全かつ明確なインベントリがあることを確認してください。

優先順位をつける

最も価値の高いデータがどこにあるか、そしてそれを保護するためにどのような暗号化が使用されているかがわかれば、何が危険にさらされているか、どこから始めればよいかがわかります。 組織が完全な暗号アジャイル アプローチ(あるアルゴリズムから別のアルゴリズムに簡単に移行する機能)を備えているかどうかを確認してください。これは、ポスト量子暗号への移行に不可欠です。

テスト

NISTは、ポスト量子コンペティション ラウンド3のファイナリスト アルゴリズムを発表しました。そして、Entrust PKI as a Service (PKIaaS) for PQはその3つのアルゴリズムすべてをサポートしています。 トライアル版では、認証局の複合型および純粋型量子耐性階層を提供し、企業がアプリケーションで複数の証明書や複合証明書をテストする機能を提供します。 試作は、nShieldハードウェアセキュリティモジュールにより、またはnShield as a ServiceCodeSafeの組み合わせにより、当社のセキュアソフトウェア開発キットで開始できます。

計画

Entrust社は、ポスト量子暗号の標準化において主導的な役割を担っています。 暗号資産の棚卸、暗号アジリティ成熟度の評価、そしてポスト量子暗号への移行計画のために、その定義を行っている当社が提供するCryptographic Center of Excellenceをご活用ください。

Entrust Cryptographic Center of Excellence

ENTRUSTの専門家と共に計画する

Entrustは、インターネット技術タスクフォース(IETF)およびNISTナショナル・サイバーセキュリティ・センター・オブ・エクセレンス(NCCoE)のPQCマイグレーションプロジェクトに参加しており、量子安全研究開発の最前線にいます。 当社のCryptographic Center of Excellence(CryptoCoE)は、その知識と経験を活用して、データおよび暗号資産のインベントリ、優先順位付けに必要なツールとガイダンスを提供します。 

専門家評価、ツール、実用的な推奨事項を入手して、暗号アジリティを確保し、量子による脅威の軽減に間に合うようにシステムを移行してください。

夕暮れのぼやけた街の風景
お問い合わせ

デモのご依頼や、お客様の使用例やニーズについてのご相談は、当社のソリューションスペシャリストまでご連絡ください。