メインコンテンツまでスキップ
紫色の六角形のパターン
ノートパソコンを使用している男性と女性

ゼロトラストの基準を見つけよう

特集

エグゼクティブサマリー: 2024ゼロトラストと暗号化の現状についての調査

エグゼクティブサマリーレポートで、10カ国の4,000人を超えるITおよびITセキュリティ担当者の間で、あなたの組織のゼロトラスト戦略がどのような位置づけにあるかをご確認ください。

主なハイライトは以下の通り:

 

プラムチェックマークアイコン

地域別の結果

61%の組織がゼロトラストの旅を始めているが、どの地域が世界的な導入ベンチマークに遅れをとっているのかを知る

プラムチェックマークアイコン

回答者が最も懸念している情報漏えい

どの主要な懸念事項が例年より増加し、どの懸念事項が減少したかを知る

プラムチェックマークアイコン

シニアリーダーシップのサポート

どの地域が、ゼロトラストを実施する上での課題として、リーダーシップの賛同の欠如を挙げているかをご覧ください

ポッドキャスト

トレンドに耳を傾ける

AIという文字が浮かぶコンピューターボードのイメージ
火曜日 | 2024年5月21日
このポッドキャストのエピソードでは、生成AIのダークサイド、つまり犯罪者がディープフェイクを作成し、フィッシング技術を最適化し、大規模に合成IDを作成するために生成AIを利用している破壊的な方法について見ていきます。 また、Onfido(Entrustグループ企業)の不正行為報告書のRSAC特別版で、新たに更新された統計を見て、CISO/CROがこれらの新たなセキュリティ脅威との戦いで会社を成功に導く方法について議論します。
AIという文字が浮かぶコンピューターボードのイメージ
水曜日 | 2024年4月24日
生体認証の使用は、世界中でAIを規制する取り組みの中で、議論の火種となっています。 生体認証の使用ケースによってリスクプロファイルは異なりますが、個人情報の盗難や詐欺から個人消費者や市民を保護するための生体認証の使用は、あらゆる組織のディープフェイク防衛戦略の中核的要素であるべきです。 このポッドキャストでは、AIを活用した生体認証の安全な開発と利用を継続するために、法的、倫理的、さらには道徳的に考慮すべき点について掘り下げます。
タブレットを持つ女性
2024年3月25日(月)
このポッドキャストでは、AIを規制するかどうか、またどのように規制するかだけでなく、いつ、誰が規制するかという激論を検証します。 当社の専門家は、AIの潜在的リスク、AIに対するさまざまな規制アプローチ、グローバルなAIガバナンスの必要性などを取り上げています。 ゲストの専門家には、Entrustのコンプライアンス担当副社長Jenny Carmichaelと、セキュリティガバナンスリスクコンプライアンス担当副社長Stephanie Derdouriが含まれます。
会社のオフィスでノートパソコンに向かう同僚たち。
月曜日 | 2024年2月26日
このエピソードでは、Entrustのデジタルセキュリティソリューション担当ディレクター、Samantha Mabeyと、Entrustの製品開発担当副社長、Tushar Tambayをゲストに迎え、ITセキュリティにおける設定ミス、相互運用性のギャップ、コンプライアンスの欠如がもたらすリスクを紐解いていきます。 多様化するサイバーセキュリティツールと、侵害を回避するための日常的な発見チェックの必要性について議論します。 また、ゼロトラストの旅に潜入し、組織がセキュリティ態勢を段階的に強化する方法を発見します。
AIという文字が浮かぶコンピューターボードのイメージ
火曜日 | 2024年5月21日
このポッドキャストのエピソードでは、生成AIのダークサイド、つまり犯罪者がディープフェイクを作成し、フィッシング技術を最適化し、大規模に合成IDを作成するために生成AIを利用している破壊的な方法について見ていきます。 また、Onfido(Entrustグループ企業)の不正行為報告書のRSAC特別版で、新たに更新された統計を見て、CISO/CROがこれらの新たなセキュリティ脅威との戦いで会社を成功に導く方法について議論します。
AIという文字が浮かぶコンピューターボードのイメージ
水曜日 | 2024年4月24日
生体認証の使用は、世界中でAIを規制する取り組みの中で、議論の火種となっています。 生体認証の使用ケースによってリスクプロファイルは異なりますが、個人情報の盗難や詐欺から個人消費者や市民を保護するための生体認証の使用は、あらゆる組織のディープフェイク防衛戦略の中核的要素であるべきです。 このポッドキャストでは、AIを活用した生体認証の安全な開発と利用を継続するために、法的、倫理的、さらには道徳的に考慮すべき点について掘り下げます。
タブレットを持つ女性
2024年3月25日(月)
このポッドキャストでは、AIを規制するかどうか、またどのように規制するかだけでなく、いつ、誰が規制するかという激論を検証します。 当社の専門家は、AIの潜在的リスク、AIに対するさまざまな規制アプローチ、グローバルなAIガバナンスの必要性などを取り上げています。 ゲストの専門家には、Entrustのコンプライアンス担当副社長Jenny Carmichaelと、セキュリティガバナンスリスクコンプライアンス担当副社長Stephanie Derdouriが含まれます。
会社のオフィスでノートパソコンに向かう同僚たち。
月曜日 | 2024年2月26日
このエピソードでは、Entrustのデジタルセキュリティソリューション担当ディレクター、Samantha Mabeyと、Entrustの製品開発担当副社長、Tushar Tambayをゲストに迎え、ITセキュリティにおける設定ミス、相互運用性のギャップ、コンプライアンスの欠如がもたらすリスクを紐解いていきます。 多様化するサイバーセキュリティツールと、侵害を回避するための日常的な発見チェックの必要性について議論します。 また、ゼロトラストの旅に潜入し、組織がセキュリティ態勢を段階的に強化する方法を発見します。

Entrustサイバーセキュリティ研究所について

サイバーセキュリティとは、防御を行うことだけではありません。 それは、企業がビジネスの成長を加速し、競争上の優位性を獲得するために必要な信頼と自信を提供することです。

そのため、当社はEntrustサイバーセキュリティ研究所を結成しました。 当社はこれを「シンクタンク」と呼び、組織を保護し、適応と成長を支援するために必要な重要な洞察を提供することを目標としています。 当社のシンクタンクは、IT、セキュリティ、R&D、製品管理のトップリーダーや専門家を集めて、進化する脅威と機会についての洞察を共有しています。

これらの洞察は、月次ニュースレター、および当社のサイバーセキュリティ研究所ポッドキャストでの詳細な会話を通じて提供されています。

また、当社のチームの新しい記事と、専門家からのビデオをこまめにチェックして頂ければ、主要な概念とニュース速報の両方をご確認頂けます。

ロゴサインのあるEntrustビル

あなたからのご連絡をお待ちしています

[保護されたメールアドレス]宛に、Entrustサイバーセキュリティ研究所チームへのコメント、質問、またはアイデアをご連絡ください。