メインコンテンツまでスキップ

安全な鍵管理が必要な理由

機密性の高いデジタルアセットを保護する暗号化の普及により、暗号鍵が急増することになりました。鍵を分散させると、明確なオーナーシップやスケーラブルな管理ポリシーがなくなるという事態が頻繁に発生します。

ダミーの鍵管理のコピーを入手する

テクノロジーの統合

データベースの鍵管理

Entrust KeyControlおよびEntrust nShield®ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)は、主要なデータベースベンダーと統合して、一元化された自動化された暗号化鍵管理と重要な暗号化鍵の信頼の基点を備えた、強力なデータベース保護を提供します。

データのバックアップとリカバリのための鍵管理

Entrust KeyControlおよびEntrust nShield HSMは、主要なデータバックアップおよびリカバリソリューションと統合して、オンプレミス、ハイブリッド、およびマルチクラウドの展開全体で、強化されたデータ保護を実現します。

ハイパーコンバージドインフラストラクチャの鍵管理

Entrust KeyControlは、主要なプロバイダと統合し、従来のデータセンターに代わる、拡張性があり、コスト効率が良く、将来性のある選択肢を提供します。 KeyControlは、KMIP互換の仮想化環境において、あらかじめ統合された常時稼働のユニバーサル鍵管理サーバーとして機能します。

ストレージの鍵管理

Entrust KeyControlは、データストレージ製品と統合し、鍵の作成、保管、配布、ローテーション、失効など、暗号化鍵のライフサイクルを自動化および簡素化します。

開始方法

Entrust DataControl、KeyControl、nShield® HSMを使用した普遍的な鍵管理

堅牢なEntrust nShield® HSMの信頼の基点が実装されるエンタープライズのマルチクラウド導入に関する鍵の管理とコンプライアンスのニーズに対応します。

Entrust KeyControl

Key Management Interoperability Protocol(KMIP)を使用して、すべてのエンドポイントアプリケーションの鍵を安全に生成して管理します。

Entrust DataControl

仮想化されたエンドポイントで実行され、一元化されたポリシーエンジンによって制御されるエージェントを介してデータを保護し、コンプライアンス遵守を実現します。

Entrust nShield Connect HSM

FIPS 140-2およびコモンクライテリアEAL4+認定を受けたアプライアンスから、ネットワーク全体で高保証のスケーラブルな暗号鍵サービスを利用できます。

Entrust nShield as a Service HSM

専用のnShield HSMからクラウドベースの暗号化サービスに簡単かつ効率的にアクセスできます。

2021年Ponemonグローバル暗号化動向調査

組織が複数のクラウドにわたる暗号化を管理する方法、およびデータセキュリティプラクティスを比較する方法をご覧ください。

今すぐデモを依頼しましょう

データ保護に関するEntrustの担当者が後ほどご連絡いたします。