メインコンテンツにスキップ

本人確認サービス市場は、2022年に110億ドルと評価されています。 デジタル技術のセキュリティと顧客サービスの優位性を認識する企業が増えるにつれ、このセクターの規模は2032年までにほぼ4倍になると予測されています。

では、何がこの急成長を牽引しているのでしょうか そもそも検証はなぜ重要なのでしょうか そして、最も重要なことは、金融機関、政府機関、または組織がデジタルソリューションからどのような利益を得ることができるのか、ということです。

答えを探しに行く必要はありません、ここに答えがあります。 ここでは、検証について上から下まで説明します。 デジタル本人確認の裏側と、なぜそれがビジネスに不可欠なのかを学ぶには、続きをお読みください。

本人確認とは

米国国立標準技術研究所(NIST)は、ID検証を、主張されたIDが正しいことを確認または否定するプロセスとして定義しています。 言い換えれば、その人が自分の言う通りの人物かどうかを判断する方法です。

このプロセスでは通常、要求された個人を1つ以上の信頼できるID文書と比較します。 本人確認は、政府機関、金融機関、企業を問わず、アカウント作成プロセスにおけるビジネスにとって特に重要です。

なぜでしょうか なぜなら、適切な本人確認が行われないと、詐欺師が不正にサービスにアクセスする可能性があるからです。 悪質な攻撃者は、しばしば他人の個人情報を利用してID窃盗を行おうとします。 そのため、本人確認プロセスは、特にオンラインにおける詐欺行為を防止するために不可欠です。

従来の本人確認とデジタル本人確認の違いは何か

ID確認は長年、紙ベースで行われてきました。 このため、身分証明のすべてのステップを、紙の用紙、手作業によるチェック、その他ミスが起こりやすく時間のかかるプロセスを含む、対面作業で行う必要がありました。

時間と労力がかかるだけでなく、顧客に負担をかけることになり、その結果、長続きしません。

幸いなことに、近年、バイオメトリクス技術が著しく向上し、デジタル本人確認への道が開かれつつあります。

簡単に言えば、デジタル本人確認とは、IDが本物であることを証明するプロセスであり、必ずしも対面でやりとりする必要はありません。 手作業で対面チェックをするのではなく、組織は現在、離れた場所からデジタルでバイオグラフィックおよびバイオメトリックデータを収集し、信頼できる情報源と照合することができます。

デジタルIDとは、オンラインサービスへのアクセス、購入、他者との交流に使用される電子的な表現であり、その人のオンラインプレゼンスの総和と定義できます。 これは多くの要素から構成されています:

  • 運転免許証や州身分証明書など、政府発行の身分証明書
  • eIDやeパスポートなどのデジタルID文書
  • モバイルデータ
  • 電話番号とEメールアドレス
  • トランザクション履歴
  • バイオメトリックデータ
  • ソーシャルメディア情報

一般的に言えば、オンライン本人確認とは、提出された情報(上記の種類など)が有効であり、真に提出した人のものであることを確認するプロセスの総称です。 そうでない場合は、本人が名乗る人物でない可能性があります。

なぜデジタル本人確認が重要なのか

本人確認方法は、世界中の組織にとって最重要事項です。 なぜでしょうか 3つの重要な変数が作用して、デジタル検証への推進力がますます加速しています。

1. 貿易と旅行の世界的成長

交流のデジタル化競争は、大きな革新と経済成長をもたらしました。 その反面、不正の機会も十分に提供してきました。 企業は顧客との交流を守るために、さまざまなセキュリティ対策を実施しようとしています。 同時に、世界中の政府がデジタル化された市民サービスに向けて動き出す中、認証プロセスはパズルの重要なピースとなっています。

この事実を認識し、政府はますますデジタルID認証技術に資金を提供し、支援するようになっています。 アメリカを例にとってみましょう。 2022年9月、国土安全保障・政府問題上院委員会は、デジタルID改善法(Improving Digital Identity Act) を提案しました。 この法案は、運転免許証、パスポート、出生証明書などのデジタルIDクレデンシャルを開発するための連邦、州、および民間の取り組みを調整するタスクフォースを設立するものです。

世界中で、200カ国のうち160カ国近くがすでにeパスポートを発行しています。 現在流通する電子パスポートは12億枚に達しており、生体認証(特に顔認証)を強力に推進しているため、当局は旅行者に、迅速かつシームレスであると同時に安全な国境を越えた移動を体験させています。

2. 顧客の経験と嗜好

今日の消費者は、ボタンをクリックするだけで、指先で何でもアクセスできることに慣れています。 それに比べ、時代遅れの手作業によるプロセスは、イライラさせられ、時間もかかります。 実際、90%の企業が、最初のオンボーディングプロセスで潜在顧客を失っているのです。

デジタル本人確認はオンボーディングの中心的な要素であるため、組織は迅速で摩擦のないソリューションを導入することが不可欠です。 本人確認方法が成熟するにつれ、多くの人が、ユーザー体験を損なうことなくセキュリ ティを最大限に高める、より高度でシームレスな新しいプロセスを求めています。

3. 個人情報の盗難と詐欺

金融犯罪は常に絶え間ない脅威ですが、デジタル決済サービスの台頭により、ID詐欺の新時代が到来しました。 オンライン取引は、機密性の高い財務データや個人データを含むため、簡単に大金を手に入れようとする悪質業者の格好の標的となっています。

米国 連邦取引委員会によれば、2022年時点で290万件の詐欺報告があり、個人情報盗難が消費者からの苦情の上位を占めています。 これらのケースの25%が損失を報告しており、結果として61億ドル以上がID詐欺によって失われています。

明らかに、世界はデジタル検証を切実に必要としているという十分な証拠があります。 金融サービスが詐欺師からますます攻撃される中、個人情報の保護はかつてないほど重要になっています。

連邦取引委員会の詐欺インフォグラフィック

デジタル本人確認のメリットとは

良い面として、金融機関は、クラス最高の認証ツールを導入することで、競争の土俵を平らにすることができます。 さらに、適切な本人確認ソリューションを利用することで、注目すべきビジネス上の利点の数々を引き出すことができます:

  • 運用効率: デジタル認証プロセスは、従来の方法よりもはるかに速く、負担も少ないものです。 時間とリソースに余裕ができれば、認証を合理化し、他の重要なタスクに労働力を割くことができます。
  • コンプライアンス: 金融サービスプロバイダーは、個人情報の保護、詐欺対策、身元データの確認に関して、厳格な法的義務を負っています。 デジタル身分証明は、高度な保証を提供しながら、コンプライアンス要件を満たすのに役立ちます。
  • 顧客獲得 : オンライン本人確認は、面倒な手続きを踏むことなく口座開設や取引完了を望む消費者にとって、面倒な参入障壁を取り除くものです。
  • リスク管理: 生存検出や顔認証のような認証方法を追加することで、リスクを軽減する重層的なセキュリティ戦略をサポートすることができます。

デジタル本人確認はどのように機能するのか

本人確認ソリューションを導入する前に、それが実際にどのように機能するかを理解することが重要です。 複数のアプローチがありますが、いずれも次のような中心的な前提に基づいています:個人に関するバイオグラフィックデータは、サービスを申し込んだり、購入したり、口座を開いたりする人間に安全に結び付けられる必要があります。これは、個人とデータの間の安全なリンクとして、バイオメトリックデータ(例えば、顔画像や指紋)を使用することによって達成されます。

デジタルIDプログラムには、一般的に使用される要素がいくつかあります:

  1. ナレッジベース認証: これには、パスワード、住所、母親の旧姓など、本人しか知らないはずのIDデータを要求することが含まれます。
  2. ドキュメント認証: この技法には、パスポートや運転免許証のような政府発行のID文書が必要です。 物理的な身分証明書は、その有効性を確認するために機械でチェックされます。
  3. 生体認証: この方法は、バイオメトリクスデータを使用して個人の身元を確認します。 これには、指紋、虹彩、または顔認識ソフトウェアが使用される場合があります。
  4. デバイス認証: 信頼できるデバイスもあれば、危険なデバイスもあります。 この方法は、通常IPアドレスやブラウザのフィンガープリントを確認することで、デバイスを検証します。
  5. ワンタイムパスワード: 一度しか使用できないユニークなコードが電子メールまたはテキストでユーザーに送信され、デバイスを確実に管理できます。

Entrustで身元を確認する

Entrustは、デジタルIDを証明する真正なID文書にリンクされたユーザが実在することを検証する堅牢なIDVソリューションを提供しています。 Entrust IDVは、政府対市民の重要なプログラム向けに、最高レベルの身元保証でリモートかつスケーラブルな検証サービスを提供しています。

最高の技術を選択できるIDVは、各政府の政策、技術、予算の要件を満たす柔軟性と安全なプロセスを備えています。 当社の革新的なソリューションは、スマートフォンによる電子機械読取式渡航文書(eMRTD)、eパスポートまたはeIDの読み取りと検証を、個人に適合した高品質のバイオメトリクスと組み合わせて利用するものです。

貴社のビジネスニーズに対応する強固な本人確認ソリューションの実現に、どの程度近づいていますか? 距離に関係なく、当社がお手伝いします。 Entrustがどのように政府対市民のやりとりで本人確認を可能にするか、今すぐ詳細をご覧ください。