メインコンテンツにスキップ

2021年には、金融機関の約80%が、デジタル口座の開設や既存口座の改善のための新システムを導入しています。 もっと簡単に言えば、デジタル口座開設の利点を受け入れることを選択したのです。

馴染みがありませんか? 心配はいりません。 ここでは、デジタル口座開設のプロセスについて知っておくべきことを、上から下まですべて説明します。

デジタル口座開設とは

デジタル口座開設(DAO)は、銀行や信用組合などの金融機関向けの、消費者オンボーディングワークフローの一種です。 具体的には、対面ではなくインターネット上で顧客の新規口座を開設するプロセスです。

このDAOは、従来のオンボーディングよりもはるかに便利で迅速な代替手段ではありますが、いくつかの注目すべき課題があります。 オンラインで行われるため、本人確認がより重要になります。 金融サービスには、詐欺やその他のサイバー脅威から顧客を守る義務がありますが、デジタルの世界ではどうでしょうか。

そこでデジタル口座開設ソリューションが活躍します。 後で説明するように、DAOを最初から最後までセキュアにする方法はたくさんあります。 とりあえず、基本的なことをおさらいしておきましょう:

デジタル口座とは

デジタル口座は、金融機関の種類によってさまざまな意味を持ちます。 例えば、銀行ではオンラインで当座預金口座や普通預金口座を開設できる場合があります。 信用組合はクレジットカードを発行することができます。 いずれにせよ、オンラインで開設された口座であれば、デジタル口座とみなすことができます。

通常の銀行口座とほぼ同じ仕組みです。 しかし、金融機関のなかには、実店舗を持たず、デジタルのみに対応しているところもあります。 この例では、消費者はデジタルバンキングや同様のサービスを通じてオンライン口座を管理できます。

デジタル口座開設は何が違うのか

通常、新規口座開設には3つの方法があります:

  1. 従来: 新規の顧客は、支店に直接出向き、書類に記入しなければなりません。 例えば、消費者が普通預金口座を開設しようとすれば、銀行まで出向いて本人確認をしなければなりません。
  2. ハイブリッド: このアプローチは、デジタルと物理的な口座開設プロセスをミックスしたものです。 すべてを現地で行うのではなく、消費者は作業の半分をデジタルで行い、残りを現地で行うことができます。 たとえば、オンラインで本人確認書類を提出し、自宅で本人確認を行うこともできますが、書類に署名するために支店に出向かなければならない場合もあります。
  3. デジタル: オンライン口座開設はすべてインターネット上で行われるため、移動も書類作成も必要ありません。 銀行やクレジットユニオンの場合、新しい顧客は確認後、新しいデビットカードやクレジットカードを郵送で受け取ります。

注目すべきは、デジタルオンボーディングにはさまざまな認証方法があることです。 たとえば、知識ベース認証では、パスワード、生年月日、社会保障番号など、ユーザが知っているものを提出する必要があります。

Entrustのようなソリューションは、バイオメトリック認証を使用しています。 フォームに記入する代わりに、ユーザーはスマートフォンなどのカメラを使って自撮り写真を撮ります。 身分証明書と一緒に提出された場合、当社のシステムは顔認識を使って、ユーザーが身分証明書と一致するかどうかを確認することができます。

デジタル口座開設のプロセスとは

FICOクレジットスコアリングモデルを開発したFair Isaac Corporation(FICO)によると、DAOは最低でも以下を実施すべきです:

  • 基本的な個人識別情報の取得
  • リスクと不正の脅威に対する申請者の適格性評価
  • 身元を確認する
  • クレジットカードまたはデビットカードでリアルタイムに口座に入金する
  • 勘定系システムとの統合

可能であれば、口座開設のプロセスには、次のようなことも含まれるべきです:

  • コンテキストに基づく事前資格審査
  • オンラインおよびモバイルのシングルサインオン(SSO)
  • 口座開設をいつでも再開できるオムニチャネル統合
  • 電子署名
  • 写真やファイルのアップロード

つまり、デジタル口座開設は、迅速で使いやすく、そして最も重要なことですが、安全でなければなりません。 良いニュースは、適切なソリューションがあれば、1つの流動的なプロセスで、これらの各コンポーネントを同時に提供できるということです。

実のところ、安全なデジタル口座開設は60秒以内に完了します。 なぜでしょうか それは3つの簡単なステップに集約されるからです:

  1. 新規アカウント登録: この段階で、ユーザーはオンライン口座開設に必要なすべての関連データを提出します:氏名、住所、電話番号など。Entrustのソリューションでは、当社の技術が政府発行の身分証明書に記載された氏名、生年月日、自宅住所を自動的に読み取り、追加で必要となるのは電子メールアドレスと電話番号のみです。 その後、システムはデジタルツールを使って情報が有効かどうかをチェックします。 有効であれば、消費者はステップ2に進みます。
  2. 本人確認: 次に、ユーザーは通常、写真付き身分証明書のような身分証明書を提示して、本人であることを確認しなければなりません。これには、指紋や顔認識ソフトウェアなどの生体認証を使って、自撮り写真と比較することも含まれます。
  3. プロダクト設定: 承認されると、ユーザーはオンボーディングプロセスを続け、新しいデジタルペイメントカードを含め、探している商品やサービスにアクセスできます。

なぜデジタル口座開設が重要なのか

顧客であれ金融機関であれ、口座開設は非常に重要な瞬間です。 なぜDAOがそれほど重要なのかを理解するために、DAOが顧客と金融サービスの双方に提供する利点について説明しましょう。

顧客のメリット

オンボーディングは、消費者と金融機関との関係の始まりです。 そのため、顧客体験はシームレスでなければなりません。 幸いなことに、DAOには3つの重要な特徴において利点があります:

  • 効率性: オンライン口座開設により、消費者や企業はほとんどどのようなデバイスからでも数分で新規口座を開設することができます。 以前は、顧客は1日の時間を割いて特定の場所まで行き来しなければなりませんでしたが、デジタル口座開設ソリューションのおかげで、このような手間は不要になりました。
  • シンプルさ: Entrustの調査によれば、92%の消費者が、金融機関を選択する際、口座開設のしやすさが非常に、またはある程度重要であると回答しています。 DAOは伝統的な手法よりも本質的にシンプルであり、適切なテクノロジーがそれをバックアップすればなおさらだ。
  • 好み: 2022年現在、米国の成人の78%が、新規口座開設や財務管理をオンラインで行うことを好んでいます。

金融サービスのメリット

反面、銀行や信用組合などの金融機関がDAOに投資する理由もいくつかあります。 例:

  • 成長の可能性: 米国では、2025年までに、人口のほぼ20%である5370万人がデジタル専用銀行口座を持つことになります。 つまり、2021年にデジタルアカウントを持っていたアメリカ人の数が、実質的に倍増します。 迅速で簡単なオンライン口座開設プロセスを提供することで、金融機関はこの巨大な成長機会を利用することができます。
  • コスト削減: 銀行、信用組合、その他の金融サービスプロバイダーは、口座開設プロセスを強化することで、業務コストを削減することができます。
  • 生産性: 本人確認プロセスを自動化すれば、手作業による審査時間を大幅に短縮できます。 従業員はより多くの時間を他の重要な活動に充てることができます。
  • 顧客獲得: 消費者は、金融サービスに関するオンボーディングの試みのうち、およそ68%を放棄しています。 言い換えれば、平均的な人は申し込みを開始しますが、完了することはほとんどないということです。 摩擦のない体験を提供することで、完了率を最大化し、より多くの顧客をうまく取り込むことができます。

DAOのリスク要因とその回避方法

利点は多くありますが、オンライン口座開設ソリューションの導入には課題もあります。

DAOのプロセスを検討する際に留意すべき点は以下の通りです:

  1. コンプライアンス: 銀行や信用組合は、その業務の性質上、金融情報や個人情報の漏洩を防ぐ厳しい義務を負っています。 Know Your Customer(KYC)やマネーロンダリング防止法AML)などの業界規制は、金融機関に対し、本人確認やスクリーニングのための保護措置を実施するよう求めています。 コンプライアンスを維持し、コストのかかる違反を回避するためには、DAO戦略に規制を組み込むことが不可欠です。
  2. 詐欺: より多くの消費者がデジタル口座を開設するにつれて、攻撃者はより速いスピードで彼らを標的にしています。 組織は、最初から最後まで安全なデジタル口座開設プロセスを提供し、あらゆる場面で不正を防止しなければなりません。 これには、クレデンシャルベース認証、モバイルID証明、SSOなどのIDアクセス管理(IAM)ツールの使用が含まれます。
  3. 快適でないユーザー体験: DAOは口座開設を合理化し、顧客獲得をサポートすることを目的としています。 しかし、プロセスが面倒でイライラさせるものであれば、申請者を悩ませ、新規顧客を遠ざけてしまう可能性があります。 組織は、セキュリティと利便性の適切なバランスを取らなければなりません。 例えば、Entrustのポートフォリオは、高保証の認証を提供しながら、最小限の破壊的プロセスを適用しています。

Entrustでオンボーディングを迅速かつ安全に

安全なデジタル口座開設ソリューションの入手は難しいものではありません。 当社のデジタルオンボーディングツールのポートフォリオは、包括的で機能豊富な保護機能を提供します。

最大の利点は セキュリティを犠牲にすることなく口座開設を合理化できることです。 適応認証から資格情報の発行まで、オンボーディングの全行程をサポートします。

Entrustが御社をどのように支援できるかについては、今すぐ当社のデジタルオンボーディングソリューションをご覧ください。