メインコンテンツまでスキップ

IDおよびアクセス管理(IAM) は、適切なユーザーやデバイスが、適切なタイミングで、適切なリソースに、適切な理由でアクセスできるようにするためのIT規律です。 リソースには、アプリケーション、ネットワーク、インフラストラクチャ、およびデータが含まれます。 さらに、IAMは、内外の脅威から組織を守るためのポリシーとテクノロジーのフレームワークでもあります。 別の言い方をすれば、IAMはユーザーアクセスを簡素化し、データ漏洩を防止するものです。

IDおよびアクセス管理は、信頼できるデジタルIDの確立および維持を前提としています。 IAMソリューションは、ID管理を簡素化し、資産とアプリケーションを保護するための強固な監視制御を行います。 状況に応じてステップアップチャレンジを提供する適応型リスクベース認証と共に、信頼は長期にわたって維持されます。

認証と 承認の比較

認証とは、ユーザーが本人であることを確認するためのITプロセスです。 従来の認証手段はユーザー名とパスワードですが、この手段はハッカーや悪意ある人物によって簡単に破られてしまいます。 別の手段である二要素認証(2FA)では、通常、パスワードやピンコードなどの知っている要素と、スマートフォンや物理カードなどの持っている要素、2つの異なる要素を使用します。

一方で、承認は、特定のユーザーがどのような特定のアプリケーション、ファイル、データにアクセスできるかを確認するプロセスです。 承認は、組織で定義されたルールと設定によって機能します。 常に認証の後に行われます。

認証と承認の比較について、当社の詳細な分析結果をご参照ください

役割とリスクの明確化

効果的なIDおよびアクセス管理の戦略には、システム内で個人のアクセスを管理する方法だけでなく、システム内で役割を特定し割り当てる方法も必要です。 これは、ロールベースのアクセス制御と呼ばれるもので、ユーザーが自分の役割を果たすために必要な最低限のアクセスを確保するものです。 アダプティブ リスクベース認証は、ログイン試行ごとにユーザーアカウントが侵害された可能性を評価します。 ログイン要求が異常または疑わしいと思われる場合、リスクベース認証モデルは追加認証の要求を返すことができます。 ゼロトラストフレームワークは、タスクを完了するために必要な最小限の特権的アクセスをユーザーに与えるという概念を採用しています。 このモデルは、「Never Trust, Always Verify.(信頼できるものなどない、常に検証せよ。)」という哲学に基づいています。 ゼロトラストのフレームワークは、アダプティブ リスクベース認証、最小特権アクセス、その他のIDおよびアクセス管理のベストプラクティスを摩擦のない方法で結びつけるのに役立ちます。

ゼロトラストとは?

「信じるな、常に検証せよ」という哲学に基づいたゼロトラストは、「アクセス権は最小限に」との概念を採用したITセキュリティへのアプローチです。よって、エンティティに付与するのは、その役割または職務を果たすために必要なアクセス許可のみです。その上、適応型リスクベース認証は、ユーザーとデバイスの動作を継続的に状況認識することで、ゼロトラストフレームワークを実現する中心的な役割を果たします。

IAMが重要な理由とは?

私たちが住んでいるのはデジタルファーストの世界です。だからこそ、ハイブリッド労働力を確保して不正を防止しましょう。またはデバイスの整合性を確保しましょう。IAMはこのデジタル世界の安全を守るために必要な、ソリューションとツールを提供します。

IAMの一部として提供されるさまざまな機能とは?

IAMプロバイダーの中には、IAMソリューションスペクトルの特定の側面を専門とするプロバイダーがいれば、あらゆるサービスを提供するプロバイダーもいます。

最も一般的なIAMサービス/機能を以下に要約します。

Entrust IAMソリューションの違いとは?

従業員、消費者、一般市民のアイデンティティ保護は、未制御のアクセス、データ侵害、および不正取引を防ぐための鍵です。Entrust Identityは、ゼロトラストフレームワークを実現するために必要な強固な基盤を提供するIAMポートフォリオです。 IAMポートフォリオの1つとして、Entrust Identityは、比類のない数のユースケースと展開オプションをサポートしています。

Entrust認証スイートのインフォグラフィック

IDおよびアクセス管理のトレンド

新型コロナの大流行により、人々の働く場所や方法は大きく変化し、物理的な境界はほとんど意味をなさなくなりました。 このような労働習慣の変化により、IDおよびアクセス管理の重要性はますます高まっています。 企業は、ミッションクリティカルなアプリケーションやシステムへのユーザーアクセスを簡素化する一方で、ユーザーのIDを確認するための手段を増やす必要があります。

消費者向けIDアクセス管理

IDアクセス管理は、消費者、労働者、市民を認証するために使用されます。 消費者に対しては、アプリを通じて本人認証を行うことで、消費者が快適に感じられるデジタルオンボーディング体験を実現することが重要です。いつでもどこでも利用できるオンボーディングは、アプリのエンゲージメントを高め、消費者がアプリを放棄する確率を減らすのに役立ちます。消費者がアプリにアクセスしたり、購入したりする際には、IDアクセス管理ソリューションが消費者のIDと消費者が使用しているデバイスの信頼性を検証します。 また、デジタルオンボーディングは、店舗でオンボーディングを行うよりもコスト効率が良い場合もあります。 また、クラウドベースのAI暗号化によりお客様のIDを認証し、お客様の端末にのみデジタルIDを保存するため、セキュリティ面でも安心です。

ワークプレイス向けIDアクセス管理

ワークプレイスでの認証向けのIDアクセス管理ソリューションは、建物への物理的/論理的アクセスを提供し、仮想プライベートネットワーク(VPN)やSaaSアプリケーションへのアクセスを提供し、特権労働者の保護、請負業者のセキュリティを提供し、個人識別認証(PIV)に準拠したモビリティの管理を可能にします。 IDアクセス管理ソリューションは、クラウド、オンプレミス、仮想アプライアンスとして導入することができ、マネージドサービスとして提供することも可能です。

市民向けIDアクセス管理

IDアクセス管理ソリューションは、デジタル市民の認証にも利用することができます。 これにより、パスポート、公的身分証明、運転免許証の保護および管理が実施できます。 デジタル市民IDは、教育、ヘルスケア、政府給付プログラムなどのデジタルプラットフォームへの政府サービスの安全なアクセスを可能にします。 モバイルID認証とセルフサービスキオスクにより、国境通過を容易にすることができます。 デジタル市民IDは、安全な公開鍵基盤(PKI)ベースの証明書を通じてデジタルIDを市民と結びつけ、取引を行うためにも使用することができます。 IDアクセス管理ソリューションは、大企業向けのオンプレミスソリューションや、クラウドを使用したサービスの形態があります。

オンプレミス型のIDおよびアクセス管理のメリット

オンプレミスでのIDおよびアクセス管理を希望する企業組織は、Entrustと連携して強力なデジタルセキュリティを構築し、その利点を活用することができます。

  • セキュアで、ストレスフリーな認証の実現
  • 適応認証
  • 広範な高保証
  • ゼロトラストフレームワーク
  • 資格情報ベースのアクセス
  • 適応型リスクベースのアクセスと認証
  • クラス最高レベルのMFA

Identity and Access Management as a Serviceのメリット

IDおよびアクセス管理のニーズに応えるためにEntrustを利用することは、組織にとって以下のような明確な利点をもたらします:

  • 脆弱なパスワードの排除
  • インサイダー脅威の抑制
  • 認証異常の高度な追跡
  • ITコスト削減
  • レポーティングとモニタリングの改善