暗号化されたワークロード用のユニバーサルキー管理システム

 

ワークロードを暗号化することで、データが悪用された場合でも、企業はデータを確実に保護できます。 ワークロード暗号化の課題の1つは、さまざまなプラットフォームでホストされる可能性のあるワークロードに対して、何万もの暗号鍵の管理をスケールすることです。

Entrust KeyControlを使用すると、企業はローテーションや共有の頻度など、すべての暗号鍵を安全、大規模かつ簡単に管理できます。

Entrust KeyControlの機能は次のとおりです。

  • 以下に対応する、VMware認定の鍵管理サーバー(KMS):
    • vSphere 6.5、6.7、7.0
    • vSAN 6.6、6.7、7.0
    • vSphere Trust Authority 7.0
  • KMIP互換の暗号化エージェントのユニバーサルキー管理
  • エンタープライズレベルのスケーラビリティとパフォーマンス
  • アクティブ/アクティブ構成かつ高可用性のクラスタで実行可能
  • FIPS 140-2レベル1認定
  • 高レベル保証のnShield® FIPS 140-2レベル3 HSMとのシームレスな統合

完全なワークロードのライフサイクル暗号化とポリシーベースの鍵管理、ロールベースのアクセス制御、および製品ワークロードのゼロダウンタイム暗号化の必要性をお考えですか?Entrust DataControlは、ワークロード用のマルチクラウド暗号化ソリューションを提供します。

KeyControlによる、鍵と仮想化された暗号化ワークロードの管理

  • VMワークロード
  • AWSワークロード

高保証の鍵ライフサイクル管理




  • 暗号鍵のライフサイクルを自動化することで、暗号化されたワークロードの管理を簡素化
  • nShield HSMを活用して、暗号化マテリアルを作成
  • セキュリティを強化し、組織における規制要件の遵守をサポート
  • 容易な展開により、価値実現までの時間を短縮
  • 鍵のライフサイクルのきめ細かい管理を可能に
    • 期限切れによるアクション:鍵マテリアルの無効化および削除
    • 鍵のローテーション
  • 複数のクラウドプラットフォーム間でワークロードを保護する複雑さを軽減

クラウドで鍵を生成、自動化、管理、および完全に制御




  • 顧客の鍵を作成してAWSにエクスポートするプロセスを簡素化
  • nShield HSMを活用して、暗号化マテリアルを作成
  • AWSで顧客のマスター鍵を完全に制御
  • KeyControlで、鍵のバックアップ(および復元)を保証
  • 鍵のライフサイクルのきめ細かい管理を提供
    • 期限切れによるアクション:鍵マテリアルの無効化および削除
    • 鍵のローテーション
  • GUIツールを介して、鍵管理エクスペリエンスを統合(単一画面での一括管理)
    • ネイティブのAWS鍵
    • KMS生成の鍵

今すぐデモをリクエストしましょう

Entrustのデータ保護のスペシャリストが間もなくオプションについてご連絡いたします。