メインコンテンツまでスキップ

仮想化インフラストラクチャにおける暗号鍵のライフサイクルの管理

ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)は、従来のデータセンターに代わる拡張性とコスト効率、そして将来を見据えた選択肢として、企業からの人気が高まっています。 クラウドネイティブのシンプルなデプロイメントを好むDevOps組織は、迅速なデプロイメント、強力な自動化、管理の容易さから、仮想化環境も好んで使用します。 しかし、HCIの機運が高まるにつれ、新たな課題も出てきました: これらの環境における機密データを確実に保護することです。 他のコンピューティング環境と同様に、仮想化インフラストラクチャにおいても、包括的な鍵のライフサイクル管理とポリシーの実施とともに、暗号化を使用することが必要です。

暗号化されたクラウドとオンプレミスのワークロードのための鍵管理

Entrust KeyControlは、KMIP互換の仮想化環境において、あらかじめ統合された常時稼働のユニバーサル鍵管理サーバーとして機能します。 仮想マシンやアプリケーションはソースレベルで暗号化され、プレーンテキスト形式でネットワークを通過するデータは発生しません。 鍵のライフサイクルをサポートするため、暗号化鍵の発行、失効、ローテーション、バックアップ、再発行が可能で、自動化と監査により、企業のコンプライアンスニーズに対応します。 その結果、暗号化されたワークロードは、権限のない第三者がアクセスした場合にも保護されます。

KeyControlは、異なるプラットフォームの暗号化鍵を含め、管理する暗号化鍵を数万にも拡張できます。 また、アクティブ-アクティブ クラスタリングと1クラスタあたり最大8台の鍵管理サーバーにより、高可用性もサポートします。

統合リソース

デモの依頼はこちらから

データ保護に関するEntrustの担当者が後ほどご連絡いたします。
EntrustのKeyControl for KMIP-互換ワークロードを30日間無料でお試しいただけます。
閉じる