メインコンテンツまでスキップ

デジタル署名による本人証明

デジタル署名は、Entrustをはじめとする認証局から発行された信頼できるデジタル証明書を基盤としています。 次のとおり、IDのような役割を果たします。 この証明書は、本人確認手続きを経て発行され、証明書の所持者のみが署名できます。またこの証明書で生成された各署名には、署名者の検証済み本人確認情報の詳細が含まれることになります。

デジタル署名の次のような付加価値を活用してください。 不正証跡

次に示すとおり、デジタル署名は、ただPDF文書に付いた視覚的マークではありません。 これらは、文書の正確な内容と検証済みアイデンティティを結び付ける暗号操作です。 デジタル署名が施されたドキュメントに変更を加えると、その署名は無効になります。

信頼できるタイムスタンプで署名の日時を保証する

公的なタイムスタンプは、Entrustのような信頼できるソースが提供するセキュアなサービスです。このサービスでは、ドキュメントの署名に信頼できる日時が追加されるため、タイムスタンプを適用した瞬間からドキュメントの存在や署名の否定が非常に難しくなります。

デジタル署名のメリットをフル活用する

ドキュメントの責任の帰属とアカウンタビリティ

ドキュメントを管理し、ドキュメントの責任者を確認し、企業資産に認証済みブランド名を表示する能力を従業員に提供できます。

なりすましのリスクを低減

タイムスタンプ付きの検証できる動的な署名とシールで、署名偽造やドキュメント詐欺のリスクを軽減できます。

信頼できる本人確認プロセス

サーバー証明書のベースは、豊富な実績があって、どこででも通用し、世界中で主要なPDFソフトウェアに使用されているPKI技術です。

Digital Signatureの詳細はこちら

関連製品

お客様向けのソリューションを構築しましょう。

Entrust Identityのスペシャリストが間もなくオプションについてご連絡いたします。