メインコンテンツまでスキップ

Z世代の学生は、テクノロジーに精通したソーシャルマルチタスカーであり、移り気で、期待値を高く設定しています。 高校や大学が学生の希望と管理者のニーズを満たすことができるような学生証をデザインしましょう。

なぜ学生証が重要なのか

適切に設計されたIDカードは、セキュリティを向上させるだけでなく、学生の体験にも影響します。 なぜなら、適切にデザインされたIDカードは、単に身分を証明するだけでなく、学生の体験を向上させるからです。 Entrustのソリューションを使えば、1枚のカードで、様々な場所や学生サービスなどにアクセスすることができます。

低学年の生徒にとって、学生証は日常的に使う初めての身分証明書となることが多くあります。 IDカード発行の合理化、魅力的なIDカードデザイン、モバイル認証など、Z世代の学生が求める機能で、その体験を向上させましょう。

学生証の主な要素

学生証のデザインは、発行する大学と同じようにユニークなものにできますが、ベストプラクティスは、いくつかの共通の特徴を盛り込むことです。

  • 名前: 本人確認のためにフルネームを記載し、ニックネームや敬称など学生や教職員が希望する名前を強調するオプションも含めることができます。
  • 写真: 無地の背景に鮮明な写真は、学生証には欠かせない要素です。
  • 役割の識別(学生、教員、職員など): 学生証に役割を記載することで、誰が何を担当しているのかが一目瞭然になります。 ADA規格に準拠した色、柄、文字の組み合わせを使用します。
  • 学校のブランディング アイデンティティ: 画像やロゴを追加して、学生証を通じて学校のブランド アイデンティティをさらに高めることができます。
  • セキュリティ機能: IDカードの不正利用を防止するために、ホログラムやセキュリティストリップを組み込んでいます。

学生証で学生の体験を向上させる方法

IDカードは、学生達と学校を最も具体的に結びつけるものです。 その結びつきを活用し、4つの主要な分野で学生体験を向上させましょう。

  • ID: キャンパス全体で、学生、教職員一人ひとりにユニークで信頼できるアイデンティティを提供します。
  • 安全性: 学生のプライバシーを守りながら、キャンパス内の安全を最大化します。
  • セキュリティ: 学生証で管理されている学校施設への入退室管理、学生証に保存されているアカウント情報の保護が可能です。
  • 効率性: ワンカードソリューションで学校全体のプロセスを合理化します。

学校管理者のためのワンカードソリューションのメリット

学生証向けのワンカードソリューションは、生徒の体験を向上させるだけでなく、学校管理者のためにIDカードの発行と管理の合理化と簡素化を実現することができます。

  • テクノロジーの移行: 技術の進化に合わせて、学生証を大量に再発行することなく、磁気ストライプからRF(Radio Frequency)カードやスマートカードに簡単に移行できます。
  • ブランディング: 学生証は、学生にとって学校との具体的なつながりとなります。 学校のブランドアイデンティティを強化する魅力的なデザインとイメージで、このつながりを強化します。
  • スケーラビリティ: 生徒数の増加や職員の離職率の上昇に伴い、学生証プログラムの規模を簡単に拡大することができます。
  • オリエンテーション体験の向上: 新入生や教職員が、学生証の発行のために長い行列を作る時代は終わりを告げました。 統合されたID管理システムでプロセスをスピードアップします。

学生証発行の簡素化

Entrustの直感的で革新的なソフトウェアで、入退室管理ソリューションの効率と生産性を向上させましょう。 プリンター群の制御、仕上がりがきれいな資格情報の設計、ユーザーのアクセスと権限の管理を簡単に実行しましょう。 IDカード発行の効率化には、以下のようなステップがあります。

  • 複数のカードプリンター: 学生や教職員が利用しやすい複数の場所で、カード印刷サービスを提供します。
  • どこでも写真を撮れる: 校内にセルフサービスのIDカード発行ステーションを設置したり、個人のモバイル端末から撮影した写真をアップロードしたりできるようにすることも可能です。
  • 都合の良い時に処理を終了する: 対面での待機時間をなくすことで、学校は印刷ジョブのバッチを作成し、高性能の再転写プリンターで印刷することができます。