標準化団体へのコンプライアンスと参加

Entrustは、オープンインターネットセキュリティソリューションの開発におけるリーダーです。広範な製品ラインの開発と並行して、Entrustは、競合他社の製品との互換性を実現するために、多くの規格と相互運用性のイニシアチブを主導し続けています。

特に、Entrustには次のような特徴があります。

  • 複数の標準準拠。Entrustは多くの標準化団体に積極的に参加し、主要規格すべてに対応しています。
  • ベンダーとの相互運用性。Entrustは多数の相互運用性イニシアチブに積極的に参加しています。
  • 柔軟。Entrustはお客様の現在の技術アーキテクチャに対する柔軟でシームレスな統合をサポートします。

標準準拠へのコンプライアンスと参加

Webサービス規格

PKI、暗号化、デジタル署名規格

相互運用性への取り組み

認証標準化は相互運用可能な製品を開発するための重要な要素となりますが、現在の認証標準化の状況では複数のベンダーとの相互運用性を保証するには不十分です。これはPKIや拡張セキュリティソリューションに限った話ではありません。ほとんどの技術分野では相互運用性テストが、複数のベンダーとの相互運用性を実証するために不可欠な要素だと常に見なされてきました。

Entrustは常に複数のベンダーとの相互運用性に力を注いできました。このことは、次のような官民の相互運用性イニシアチブへの積極的な参加実績からもおわかりいただけることでしょう。

  • 連邦PKI Bridge CAの実証
  • 全米自動資金決済センター協会(NACHA)CAの相互運用性試験
  • 証券業界ルートCA(SIRCA)の概念実証
  • 自動車業界標準情報ネットワーク(ANX)
  • 国防総省Bridge CAの実証
  • Electronic Messaging Association(EMA)のセキュリティ課題
  • 他のベンダーやICSAと連携したPKIX-CMP相互運用性テスト
  • Identrus
  • PKI Forum

Entrustは、次の認証標準化などの標準アクティビティ/フォーラムに積極的に直接参加しています。

これらのグループではセキュアなソリューションを説明し、相互運用を簡単に実現する手法を説明する規格を開発しており、Entrustはそこでしばしば主導的な役割を果たしています。