複雑なクラウドセキュリティの課題に対処する、実証済みの暗号化ソリューション

より多くの企業がクラウドコンピューティングとストレージを採用しており、機密データとシステムの保護が最優先事項となっています。グローバル組織がクラウドセキュリティの課題に正面から取り組むのをどのように当社が支援しているかをご紹介します。

nShield® as a Serviceを利用することで、オンプレミスデバイスに関連するメンテナンス費用なしで、FIPSおよびコモンクライテリア認定取得済みのEntrust nShield HSMにフルアクセスできます。独自のCodeSafeで保護された実行環境を利用するなど、暗号化機能をすばやく拡張します。

Entrust nShieldのBring Your Own Key(BYOK)Cloud Integration Option Packを使用することで、重要な鍵やデータを制御しながら、パブリッククラウドプロバイダーが提供する幅広いサービスを利用できます。 Microsoft Azure、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)への独自の鍵を持ち込みが可能です。

nShield Web Services Option Packは、ウェブサービスを介して暗号化機能へのアクセスを提供します。暗号化キーとデータ保護を必要とするアプリケーションには、使い慣れたRESTのようなAPIを使用します。

nShield Container Option Packは、コンテナ化されたアプリケーションが機密情報を処理する際に、開発者が高保証のHSMにアクセスできるようにします。 コンテナ化されたソリューションにHSMレベルのセキュリティをもたらします。

Microsoft Information Protection用のEntrust Double Key Encryptionを使用すると、Azure Cloud上の暗号化を制御できます。 Microsoft Double Key Encryptionは、nShield HSMがプロビジョニングしたセカンダリ暗号鍵を使用して、クラウド内の最も機密性の高いコンテンツを保護できるようにします。