nShield HSM用のアプリケーションを構築する方法を学ぶ

この2日間のクラスは、nShield HSMをアプリケーションと統合する設計者と開発者向けに設計されており、HSMアプリケーションの設計、構築、テスト、展開、および保守に必要なスキルを提供します。

このクラスは、開発者にnShield HSMの幅広い機能を公開し、利用可能なアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)の全範囲でトレーニングを提供します。クライアントの作業でこれらのAPIを使用する経験豊富なコンサルタントの指導を受けて、特定のプロジェクトに最適なインターフェースを選択し、コードの記述と実行の実践的な経験を積むことができます。

このコースでは、コアAPIに加えて、CodeSafeおよびCodeSafe SSL機能の使用、およびnShieldオプションのpayShieldカード所有者認証について説明します。その他のトピックには、ロードバランシング、フェイルオーバー、Security Worldキー管理アーキテクチャ、およびコンプライアンスの考慮事項が含まれます。このクラスで得られた豊富な実践的知識により、開発チームは一般的な落とし穴を回避し、セキュリティとアプリケーションのパフォーマンスを最大化し、より高速で効率的な展開を計画および実行し、全体的なコストを削減できます。

推奨:nShield HSMを使用する管理者/開発者

時間のコミットメント:2日間のクラス

認定:出席証明書

前提条件:JavaまたはCプログラミングの経験

リクエストに応じてクラスのスケジュールを利用できます

コースのメリット

コースの内容

HSMアプリケーションの設計、構築、テスト、展開、および保守に必要なスキルを習得するための2日間のクラス。

主な重点分野

このクラスは、開発者にnShield HSMの幅広い機能を公開し、利用可能なアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)の全範囲でトレーニングを提供します。

知識の向上

このコースでは、CodeSafeおよびCodeSafe SSL機能の使用方法に加え、nShieldオプションのpayShieldカード所有者認証について説明します。