デジタル証明書のステータスを確実に検証

OCSPまたはCRLを使用して、1つまたは複数のCAからデジタル証明書のステータスを確実かつ簡単に検証しましょう。当社のイベントシステムは、データに対する制御を保証し、情報の整合性を検証する緊急メカニズムへのアクセスを提供します。

メリット

セキュリティの最大化

CENT TS 419 261およびRFC 6960に準拠して運用できます。

信頼性と制御

情報の損失がないことを保証するイベントシステムのため、安心してご利用いただけます。

簡単に統合

ワークフローをカスタマイズして、新しい機能を簡単に組み込むことができます。

大規模インフラストラクチャ向けの効率性

証明書ステータスの更新と応答の効率を最適化します。

特徴

情報の保管

複数のCAによって生成された証明書のステータスを常に維持および監視します。

否認防止の保証

証明書の特定の日付とステータス(有効、取り消し、一時停止、または不明)のデジタル署名された応答を取得します。

クライアントの使用方法をカスタマイズ

サービスの使用クォータまたは時間制限を割り当てることにより、各クライアントによるOCSPサービスの使用方法を追跡および制限します。

システムを監視する

イベントログを生成して、システムステータス、セキュリティ、および企業仕様がどの程度満たされているかを監視します。

専門家と連携

当社の専門家がお客様にご連絡し、当社のソリューションでお客様のニーズを満たす方法についてご説明いたします。