あらゆる規模でメールを保護する

Entrust S/MIME証明書を使用すると、メールと添付ファイルにデジタル署名を行って暗号化し、メールベースの攻撃やデータ侵害から個人や組織を保護できます。企業はさまざまなプライバシーとセキュリティの規制順守を維持できます。Entrustの秘密鍵のエスクロー機能は、秘密鍵の紛失や盗難を軽減し、企業が順守違反に対して高額の罰科金を支払うリスクを軽減します。

Entrustは多くの従業員を抱える企業向けに、Entrust S/MIME証明書の展開とライフサイクル管理を自動化できる自動化機能を提供しています。

Entrust S/MIME証明書のメリット

スケーラブルなセキュリティとコンプライアンス

企業全体でのスケーラブルなメールセキュリティを提供し、医療、政府、財務をはじめとする多様な分野でプライバシーとセキュリティの規制にも準拠します。

任意のプラットフォーム、任意のスケール

S/MIME証明書は、ユーザ数の大小やオペレーティングシステムの違いに関係なく、わずか数分で多数の従業員のデスクトップとデバイスに展開できます。

効率性が自動的に向上

S/MIME証明書を自動展開でき、一度設定するだけで自動更新を設定でき、完全な秘密鍵履歴とエスクローで自動バックアップや自動復元ができます。

Entrust Secure Email Certificatesが提供するもの

  • 電子通信のセキュリティ強度を最高レベルに向上
  • 組織または個人のID保証
  • メッセージの発信元を証明し、配信時に改ざんされていないことを証明するデジタル署名
  • メッセージが目的の受信者に対してセキュアに送信されることを保証する暗号化

特徴

完全に自動化された1回限りの展開

1度で一元化環境や分散環境を展開できます。また展開作業をネットワークチームがエンドユーザに代わって実行する方法、エンドユーザがセルフサービスで展開するモデルのどちらでも選択できます。

六角形の中の紫色の鍵アイコン

自動の鍵履歴バックアップ、復元、鍵エスクロー

組織のIT管理者が管理するリクエスト1つで、確実にデータを復号化できます。 パスワードを忘れた場合でも、秘密鍵を破棄した場合でも、通常の更新プロセスであっても、いつでも完全な鍵履歴を復元できます。

組織の検証

Entrust Secure Email Certificates for Enterpriseは、組織の名前、個人、メールアドレスを確認して、スパムやフィッシング攻撃と通常のメールを区別します。

証明書の失効

従業員が退職した際には、すぐデジタルIDを失効させることで、従業員としてデジタル署名を行えないようにします。

ディレクトリサービスとの統合

Active Directory、LDAP、G-Suite Directoryなどの一般的なディレクトリサービスと統合し同期します。

デスクトップやパーソナルデバイスへの安全な展開

Entrustは、企業とその従業員に対して、デスクトップ、携帯電話、タブレットなどの複数のデバイスに対応するために必要な柔軟性を提供します。

すべてのユーザデバイスでメールをシームレスに保護

Entrustは、主要なMobile Device Managementソリューションへの統合ポイントを提供して、ユーザのモバイルデバイスへの鍵と証明書の配信を可能にします。

任意のデバイスから暗号化されたサイズの大きいファイルを複数の受信者に送信

ユーザはzipファイルやパスワードを使用することなく、サイズの大きいドキュメントを安全に送信できるため、ユーザエクスペリエンスが簡素化されます。
受信者の証明書選択と組み込みのファイル圧縮を自動化することで、ユーザはサイズの大きいファイルを安全に共有し、任意の数の内部受信者または外部受信者に送信できます。

リアルタイムかつ遡及的に完全なメール保護を実現

Entrust S/MIMEソリューションは、過去送受信されたメールに加えて、今後送受信されるすべての組織のメールを暗号化します。

リアルタイムの報告とモニタリング

期限が切れたS/MIME証明書の使用を回避しましょう。このソリューションでは、S/MIME証明書をモニタリング・管理し、証明書の有効期限が近づくと証明書を更新するようユーザにプロンプトを表示します。

Entrust S/MIME証明書ソリューションを選択

S/MIMEリクエストを送信する前に、以下の情報が入力されているかご確認ください。

  • 組織に登録されている必須のドメイン
  • 第三者機関のディレクトリを使用して調べることができる会社の電話番号
  • 請求担当、技術担当、承認担当、企業の役員の連絡先情報の詳細
  • 本社および法人情報

特徴

鍵バックアップの復元
再発行
有効期間
個別の検証プロセス
可用性
 

Personal S/MIME

手動(P12認証情報へのエクスポートによる))

30日
1年
メールアドレスのクラス1所有権
担当者に電話

Enterprise S/MIME

完全な鍵履歴による自動バックアップと復元

無制限
1〜3年
メールアドレスのクラス2所有権と組織および個人のID保証
担当者に電話

関連製品

ポッドキャスト

Sixscapeのロゴ

組織のメールのセキュリティ体制を改善するときが来ました

BEC攻撃がより高度になるにつれて、それらを阻止するために設計されたSMIMEソリューションも高度になっています。従業員のメールを大規模に保護する方法をご説明します。