あらゆる規模でメールを保護する

Entrust S/MIME証明書を使用すると、メールと添付ファイルにデジタル署名して暗号化し、メールベースの攻撃やデータ侵害から個人や組織を保護し、機密性とセキュリティに関する規制コンプライアンスを維持できます。S/MIMEのエスクロー機能は、秘密鍵の紛失や盗難を軽減し、企業がコンプライアンス違反に対して高額の罰科金を支払うリスクを軽減します。

Entrustは多くの従業員を抱える企業向けに、Entrust S/MIME証明書の展開とライフサイクル管理を自動化できる自動化機能を提供しています。

Entrust S/MIME証明書の利点

スケーラブルなセキュリティとコンプライアンス

メール証明書で企業全体にわたるスケーラブルなメールセキュリティを提供し、医療、財務などに関連する機密保持規則に準拠します。

任意のプラットフォーム、任意のスケール

ユーザー数に関係なく、わずか数分で任意のオペレーティングシステム上の従業員のデスクトップとデバイスに展開可能です。

効率性が自動的に向上

Entrust S/MIME証明書ではS/MIME証明書の自動展開、一度設定するだけの自動更新、完全な鍵履歴とエスクローによる自動バックアップ/復元をご提供します。

Entrust S/MIME証明書のメリットは以下のとおりです。

  • 電子通信のセキュリティ強度を最高レベルに向上
  • 組織または個人のID保証
  • メッセージの発信元を証明し、配信時に改ざんされていないことを証明するデジタル署名
  • メッセージが目的の受信者に対してセキュアに送信されることを保証する暗号化

セキュアEメールS/MIME証明書の特長

完全な自動化

一元化され分散化された1回限りの展開で、ネットワークチームがエンドユーザーに代わって展開することも、エンドユーザーが自分自身で展開することもできます。

六角形の中の紫色の鍵アイコン

自動の鍵履歴バックアップ、復元、エスクロー

組織の管理者が管理するリクエスト1つで、確実にデータを復号化できます。パスワードを忘れた場合でも、秘密鍵を破棄した場合でも、通常の更新プロセスであっても、いつでも完全な鍵履歴を自由に復元できます。

組織の検証

当社のエンタープライズメール証明書は、組織の名前、個人、メールアドレスを確認して、スパムやフィッシング攻撃と通常のメールを区別します。

証明書の失効

従業員が退職した際には、すぐデジタルIDを失効させることで、従業員としてデジタル署名を行えないようにします。

ディレクトリサービスとの統合

Active Directory、LDAP、G-Suite Directoryなどの一般的なディレクトリサービスと統合し同期します。

お持ちのデバイスへのセキュアな展開

Entrustならお客様の組織と従業員に柔軟に対応してデスクトップ、携帯電話、タブレットをサポートします。

Entrust S/MIME証明書ソリューションを選択

S/MIMEリクエストを送信する前に、以下の情報が入力されているかご確認ください。

  • 組織に登録されている必須のドメイン
  • 第三者機関のディレクトリを使用して調べることができる会社の電話番号
  • 請求担当、技術担当、承認担当、企業の役員の連絡先情報の詳細
  • 本社および法人情報

特徴

鍵バックアップの復元
再発行
有効期間
個別の検証プロセス
可用性
 

Personal S/MIME

手動(P12資格情報へのエクスポート経由)

30日
1年
メールアドレスのクラス1所有権
オンラインで購入

Enterprise S/MIME

完全な鍵履歴による自動バックアップと復元

無制限
1〜3年
メールアドレスのクラス2所有権と組織および個人のID保証
担当者に電話

関連製品

デジタル署名証明書に関する質問への回答を受け取る