メインコンテンツまでスキップ

デジタルドキュメントの署名欄を認証済みに

Entrustドキュメント署名証明書では、作成者とドキュメントの信頼性が検証され、電子的に送信されるドキュメントの信頼がリアルタイムで確立されます。Entrustドキュメント署名証明書は、Adobe® PDFとMicrosoft® のドキュメントと互換性があり、ドキュメントの有効期間中はNon-Repudiationを提供します。

ドキュメント署名証明書のメリット

柔軟性が高く、手頃な価格で利用可能

Entrustドキュメント署名証明書は、個人、グループ、企業で利用でき、最長3年間有効で、無制限に電子署名できるオプションを多数ご用意しています。

Adobe®による承認と信頼

Entrustは、Adobe Certified Document Service(CDS)とAdobe Approved Trust List(AATL)のメンバーです。

あらゆるレベルの信頼性

送信者の名前と組織、デジタル署名の存在と有効性を特定し、署名後のドキュメントが改変されていないという整合性を検証します。

セキュアな文書署名を行うための3ステップ

  1. USBトークンまたはハードウェア・セキュリティ・モジュールを経由して証明書を配信します。
  2. ドキュメント作成アプリケーションで証明書ベースの署名を有効にします。
  3. 信頼できる認証局であるEntrustによって発信者が検証されたとわかれば、受信者は安心できます。

ドキュメント署名証明書の特長

タイムスタンプ

コードが署名された時間を検証し、署名が有効かどうかを判断します。

複数の署名ワークフロー

複数の署名を必要とする機密文書を簡単に認証します。

視覚的な信頼性インジケーター

ドキュメントの改ざんを検出し、パッと目に付くよう表示します。

有効期限の通知

自動の有効期限通知を使用すると、適格証明書がうっかり有効期限切れになることもありません。

自動署名と手動署名

一括署名時には自動署名、1つのドキュメントに1度だけ施す署名には手動署名を選択します。

法的要件に準拠

法的拘束力のあるドキュメントを保護します。当社は米国連邦電子署名法と米国電子署名法など、多くの国・地域の法律に対応しています。

ドキュメント署名ソリューションの選択

Entrustドキュメント署名証明書ソリューションにはサポートが含まれ、署名の種類、署名の量、有効期間のオプションを提供しています。

特徴

ソリューションの種類
署名者
署名の例
証明書ストレージ
署名の数
 

INDIVIDUAL

手動

個人または組織内の個人
John DoeまたはJohn Doe @株式会社ABC
USBトークン(付属)
無制限

GROUP

手動

グループ、部門、または組織
経理担当
マーケティング部門
株式会社ABC
USBトークン(付属)
無制限

ENTERPRISE LITE

自動

グループ、部門、または組織
経理担当
マーケティング部門
株式会社ABC
50,000/年間または
100,000/年間

ENTERPRISE

自動

グループ、部門、または組織
経理担当
マーケティング部門
株式会社ABC
無制限

仕様

  • クリックして選択...

サポート対象のシステム

当社の文書署名用電子証明書は、以下のソフトウェアをサポートしています。

システム要件、互換性のあるソフトウェア、オペレーティングシステムの詳細については、ドキュメント署名証明書のデータシートをダウンロードしてください

署名と認証

Entrustドキュメント署名証明書はAdobe Acrobatで開き、PDF署名やPDF認証に使用できます。Adobe CDSまたはAATL CAでのみ証明書を取得できます。 認証は、署名者がAdobeの要件に従って検証され、秘密鍵がハードウェアで保護されている証です。

  • Adobe Acrobat DC
  • Adobe Acrobat XI Standard
  • Adobe Acrobat XI Pro
  • Adobe Acrobat X Standard
  • Adobe Acrobat X Pro
  • Adobe Acrobat 9 Standard
  • Adobe Acrobat 9 Pro

署名のみ

Adobe Reader

  • ユーザーはAdobe Readerで署名できますが、署名を認証することはできません。

オペレーティングシステム

  • Microsoft Windows Server 2012(64ビット)、2012 R2(64ビット)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64ビット)
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(32ビット)
  • Microsoft Windows 7(32ビットおよび64ビット)
  • Microsoft Windows 8(32ビットおよび64ビット)
  • Microsoft Windows 8.1(32ビットおよび64ビット)

その他のアプリケーション

  • OpenOffice
  • LibreOffice
  • Bluebeam

システム要件

証明書のダウンロード要件

  • Microsoft Windowsオペレーティングシステム7および8.1
  • Microsoft Windowsサーバー オペレーティング システム2008および2012
  • Microsoft Internet Explorer 10および11
  • FIPS検証済みソフトウェア – 個人やグループの証明書に対してのみ購入時に提供

証明書署名要件

  • Microsoft Windowsオペレーティングシステム7、8.1および10
  • Microsoft Windowsサーバー オペレーティング システム2008および2012
  • Adobe Reader
  • Adobe Acrobat
  • Microsoft Office WordおよびExcel
  • OpenOffice
  • LibreOffice
  • FIPS検証済みソフトウェア – 個人やグループの証明書に対してのみ購入時に提供

表示要件

  • Adobe Reader、AcrobatなどのPDFソフトウェアと互換性があり、証明書の署名入りPDFドキュメントをサポート
  • Microsoft WordおよびExcel

    ハウツーガイドとリソース

    関連製品