メインコンテンツまでスキップ

自信を持って紙とインクから脱却する

Entrustのドキュメント署名証明書を使用して、検証済みIDや組織の詳細を埋め込み、信頼できるデジタル署名とシールを生成できます。

当社の証明書は、信頼されており、Adobe AcrobatソリューションやMicrosoft Wordなど、主要なドキュメントリーダーやエディターとの互換性も備えています。

ドキュメント署名証明書のメリット

付加価値の高い署名

デジタル署名は、強力なID検証、認証された署名プロセス、ドキュメントの整合性メカニズムを組み合わせて、最高レベルの有効性を提供します。

コンテンツの所有権と制御を維持する

信頼されたデジタル署名とシールをドキュメントに表示することで、所有権と整合性を真に保証するほか、タイムスタンプと組み合わせるとNon-repuduationも保証できます。

グローバルな標準との整合性

EntrustはAdobe Approved Trust List(AATL)とMicrosoft Root Programのメンバーです。 Entrustの証明書は、世界中で認められ、信頼されています。

3つのステップでサインを開始

  1. Entrust eストアで証明書ライセンスを購入し、Entrustアカウントでドキュメント署名証明書と引き換えてください。
  2. Entrustは、お客様のアイデンティティまたは組織、あるいはその両方の詳細情報を確認し、まだセキュアなUSBトークンがないお客様には、セキュアなUSBトークンをお送りします*。
  3. USBトークンで証明書()をインストールし、Adobe Acrobat Readerなど、互換性のあるツールを使用して署名を開始します*。

*注意: エンタープライズ向けドキュメント署名証明書には、HSMが必要です(お客様がお持ちのHSM、または当社が販売しているHSMをご利用ください

ドキュメント署名証明書の特長

タイムスタンプサービス込み

Entrustの公開タイムスタンプサービスでは、すべてのデジタル署名とシールに、信頼できるタイムスタンプを追加できます。

信頼できる検証済みアイデンティティ

Entrustは、Adobe、eIDAS、WebTrustの標準に従って、組織、従業員、個人のアイデンティティを検証します。

あらゆるアプリケーションに対応

Entrustのドキュメント署名証明書は、X.509サーバー証明書によるデジタル署名をサポートするアプリケーションすべてで使用できます。

柔軟なオプション

個人、従業員、団体を対象とした証明書を発行しており、複数年契約も可能です。

自動署名と手動署名

手動または自動で署名またはシールを付与するシナリオに対応した専用の証明書とストレージのオプションを用意しています。

署名コンプライアンス

Digital Signatureは、米国連邦政府のESIGN法やeIDASなど、複数の法律で認められています。

ドキュメント署名ソリューションの選択

Entrustドキュメント署名証明書ソリューションにはサポートが含まれ、署名の種類、署名の量、有効期間のオプションを提供しています。

特徴

ソリューションの種類
署名者
署名の例
証明書ストレージ
署名の数
 

INDIVIDUAL

手動

個人または組織内の個人
John DoeまたはJohn Doe @株式会社ABC
USBトークン(付属)
無制限

GROUP

手動

グループ、部門、または組織
経理担当
マーケティング部門
株式会社ABC
USBトークン(付属)
無制限

ENTERPRISE LITE

自動

グループ、部門、または組織
経理担当
マーケティング部門
株式会社ABC
50,000/年間または
100,000/年間

ENTERPRISE

自動

グループ、部門、または組織
経理担当
マーケティング部門
株式会社ABC
無制限

仕様

  • クリックして選択...

サポート対象のシステム

当社の文書署名用電子証明書は、以下のソフトウェアをサポートしています。

システム要件、互換性のあるソフトウェア、オペレーティングシステムの詳細については、ドキュメント署名証明書のデータシートをダウンロードしてください

署名と認証

Entrustドキュメント署名証明書はAdobe Acrobatで開き、PDF署名やPDF認証に使用できます。Adobe CDSまたはAATL CAでのみ証明書を取得できます。 認証は、署名者がAdobeの要件に従って検証され、秘密鍵がハードウェアで保護されている証です。

  • Adobe Acrobat DC
  • Adobe Acrobat XI Standard
  • Adobe Acrobat XI Pro
  • Adobe Acrobat X Standard
  • Adobe Acrobat X Pro
  • Adobe Acrobat 9 Standard
  • Adobe Acrobat 9 Pro

署名のみ

Adobe Reader

  • ユーザーはAdobe Readerで署名できますが、署名を認証することはできません。

オペレーティングシステム

  • Microsoft Windows Server 2012(64ビット)、2012 R2(64ビット)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1(64ビット)
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2(32ビット)
  • Microsoft Windows 7(32ビットおよび64ビット)
  • Microsoft Windows 8(32ビットおよび64ビット)
  • Microsoft Windows 8.1(32ビットおよび64ビット)

その他のアプリケーション

  • OpenOffice
  • LibreOffice
  • Bluebeam

システム要件

証明書のダウンロード要件

  • Microsoft Windowsオペレーティングシステム7および8.1
  • Microsoft Windowsサーバー オペレーティング システム2008および2012
  • Microsoft Internet Explorer 10および11
  • FIPS検証済みソフトウェア – 個人やグループの証明書に対してのみ購入時に提供

証明書署名要件

  • Microsoft Windowsオペレーティングシステム7、8.1および10
  • Microsoft Windowsサーバー オペレーティング システム2008および2012
  • Adobe Reader
  • Adobe Acrobat
  • Microsoft Office WordおよびExcel
  • OpenOffice
  • LibreOffice
  • FIPS検証済みソフトウェア – 個人やグループの証明書に対してのみ購入時に提供

表示要件

  • Adobe Reader、AcrobatなどのPDFソフトウェアと互換性があり、証明書の署名入りPDFドキュメントをサポート
  • Microsoft WordおよびExcel

    ハウツーガイドとリソース

    関連製品