メインコンテンツまでスキップ

証明書管理サービス

他社製品の一元管理も可能です。証明書の有効期限や発行先などを一覧で管理できます。期限切れが近づいている証明書をすばやく更新して、追加の証明書を発行できます。

  • 証明書はご希望のタイミングで発行できます。
  • 有効期限が一目でわかります。
  • 社内および他社の両方の、すべての証明書を一元管理できます。
CMSのスクリーンショット

CMS機能

CMSダッシュボードのスクリーンショット

高性能ダッシュボード

  • ダッシュボードにさまざまな情報をグラフとして表示して、視覚化することができます。
  • さまざまな指標をグラフで表示できます(SSLサーバーの評価、署名ハッシュ値、インベントリの使用状況、EV_SSL証明書の使用状況、マイアラートなど)。
  • 「マイアラート」は、有効期限が迫っている証明書、ハッシュアルゴリズムの脆弱性、およびその他のアラート表示設定に合わせてカスタマイズできます。アラートメールの送信を設定することもできます。

利用しているサービスが一目でわかるレポートセンター

  • 証明書サービスのさまざまなレポートを表示できます。
  • (例)SSLサーバーのテスト結果一覧をサイト別に表示する。
CMSレポートセンターのスクリーンショット
CMS証明書管理リストのスクリーンショット

イベントを管理できる管理画面

  • 在庫は管理画面で管理できます
  • CMSでの証明書管理には、次の項目を設定できます。
    • ユーザー管理
    • グループ管理
    • OU管理
    • ドメイン管理
    • クライアント管理
    • パブリックURL
    • 高度な管理
    • ディスカバリー エージェント
  • ユーザー管理設定では、ユーザーの登録と削除、各ユーザーの権限の設定などを行うことができます。
  • 通知設定では、証明書の有効期限に関する通知の詳細設定を行うことができます。
  • ローカリゼーション設定では、日本語または英語の表示を選択できます。
  • さらに、SiteLockによる自動セキュリティスキャン、自動SSLサーバーテスト、自動インストール、CTログ送信などを設定できます。

デモビデオ

CMSドメイン管理手順のデモビデオのスクリーンショット

ドメイン管理手順のデモ

  • Entrust Certificate Services Consoleでのドメイン管理を見てみましょう。
  • 管理者としてログインして、管理ダッシュボードを表示しています。
  • 承認されたドメインを見つけるには、メニューから[管理]> [ドメイン管理]を選択します。
  • ドメインを追加する場合(電子メールの方法を選択しているため)、ドメインの同意を送信する電子メールアドレスを選択する必要があります。
  • WHOISレコードまたは一般的に使用されるドメイン特権の電子メールアドレスのリストから選択できます。
  • メールを送信すると、メールの受信者が承認するまで、ドメインリクエストは保留中のドメインとして表示されます。

証明書作成手順のデモ

  • 必須フィールドに入力し、CSRを貼り付けます。事前検証済みのドメインの場合、新しい証明書は自動的に承認されます。CSRビューアを使用して、CSRの詳細を表示できます。
  • CSRに表示されているSANのリストを削除または追加することを選択できます。
  • 最後の画面に進み、証明書リクエストを送信します。証明書はオンデマンドで生成されます。
  • 生成完了画面ですぐに証明書を取得するか、「マネージド証明書」ビューから新しい証明書を取得できます。
  • [証明書の取得]ページで、Entrust証明書をインストールするWebサーバーの種類を選択してダウンロードできます。
CMS証明書作成手順デモビデオのスクリーンショット