eIDAS規則への準拠はさほど難しくはありません

eIDAS規則は、EU加盟国の市民、企業、政府間でのセキュアな電子商取引に対する共通の基盤を提供するために作成されました。 国境を越えたセキュアでシームレスな電子取引は重要な機会をもたらし、 ビジネスの効率化、コストの削減、顧客体験の強化、イノベーションの成功へと導きます。またeIDAS規則は、世界中の他の地域が独自のeIDイニシアチブを設計する際の模範としても機能します。

そのため、デジタル証明書、タイムスタンプ、デジタル署名を発行し、電子署名の法的有効性を保証する必要がある場合は、コモン クライテリア認定取得済みの nShield ハードウェア セキュリティ モジュールが、eIDAS 規則に準拠したソリューションにおいて果たす重要な役割についての詳細をぜひご覧ください。 詳細については、当社の初心者向けガイドをダウンロードしてください。

eIDAS規則に準拠したソリューションの紹介

  • ソリューションの概要
  • 導入事例

組織のニーズに合った製品とは?

nShield汎用HSM

nShield HSMシリーズの詳細と、同HSMがeIDAS準拠ソリューションのセキュリティ基盤および信頼の基点として機能する方法を、ぜひご覧ください。

nShield as a Service

サービスとしての暗号化への簡単で効率的なアクセスを実現。

nShield Connect

ネットワーク全体に拡張可能で可用性の高い暗号鍵サービスを提供する適格アプライアンス。

nShield Solo

スタンドアロンサーバーに暗号鍵サービスを提供する認証取得済みPCI-Expressカード。

nShield Edge

デスクトップアプリケーションに暗号鍵サービスを提供する認証取得済みUSB接続型デバイス。

eIDAS規則への準拠はそれほど難しいものではありません。

  • IDAS 規則の詳細
  • 電子 ID とトラスト サービスに関する徹底解説
  • 準拠するためのオプション
  • ハードウェア セキュリティ モジュール(HSM)の重要性

初心者のためのeIDAS コンプライアンスブック