カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)

 

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、州の居住者のプライバシー権と消費者保護を強化することを目的として、2018年に法律に署名された州法です。この法律は、企業が収集する個人情報を消費者がより細かく管理できるようにし、カリフォルニア州の消費者に次のような新しいプライバシー権を保護します。

  • 企業が収集する個人情報と、その使用方法および共有方法について知る権利
  • それらから収集された個人情報を削除する権利(一部の例外を除く)
  • 個人情報の販売をオプトアウトする権利
  • CCPAの権利を行使するための差別禁止の権利