メインコンテンツまでスキップ

EMVおよびEMVチップ

EMVは、共通の仕様を構築するために集まった創設企業の頭字語です: Europay(現在はVisaの一部)、MasterCard®、およびVisa®。 これらの企業は、チップベースのペイメントカードのグローバルな相互運用性を推進するための国際標準を管理するためにEMVCoを設立しました。 その活動には、カードと端末の評価、セキュリティ評価、および相互運用性の問題の管理が含まれますが、これらに限定されません。

EMVチップは、支払いカードに表示される小さな正方形のコンピューターチップであり、不正行為からカードを保護するのに役立ちます。

EMVの重要性は何ですか?

EMV仕様は、セキュリティを強化し、不正行為に対抗できることが証明されているテクノロジーを採用するための共通の基盤を提供します。 米国および世界中の銀行、加盟店、ベンダー、および国および地域の決済ネットワークは、EMV仕様を使用して、店舗、オンライン、およびリモートのカードベースのシームレスで安全な決済のための製品を開発しています。

EMVの仕組みとは?

EMVトランザクションには3つのパーツがあり、そのトランザクションのさまざまな側面を保護するのに役立ちます: カード認証、カード所有者の検証、およびトランザクションの承認。 EMV支払いプロセスは、オンライン(プロセスは支払いネットワーク上の他の場所のコンピューターによって実行される)および/またはオフライン(プロセスはPOS端末とカードのチップの間で実行される)で実行できます。

一般的には、プロセスは次のとおりです。

  1. 発行者の資格に基づいて、POS端末とカード上のチップの両方でリスク評価が実行され、動的なARQC(承認要求暗号文)が生成されます
  2. ARQCは、アクワイアラーを介して支払いブランドに送信されます
  3. 次に、支払いブランドはARQCを発行者に送信します
  4. 発行者は、要求を検証するための承認決定を行い、ARPC(承認応答暗号文)で応答します。ARPCは、同じチャネルを経由してPOSデバイスに戻ります
  5. チップの要求が検証された場合、POS端末は、署名またはPINの入力の形式で、カード所有者に検証を要求します。または場合によっては検証はありません

非接触型はEMVの唯一の形式ですか?

いいえ、そうではありません。 現在、コンタクトチップ、非接触チップ、Common Payment Application(CPA)、カードのパーソナライズ、およびトークン化に基づくEMV仕様があります。 これらの仕様と要件は、決済のセキュリティと効率を高め、決済エコシステムの中でグローバルな相互運用性を確保するために開発されました。

EntrustはEMVの実装に何を提供しますか?

Entrustは、EMVの複雑さを簡素化し、EMVの即時発行プロセスを合理化するのに役立つ明確なガイダンスと専門知識を提供します。 以下は、Entrustプロジェクトの各フェーズとそれに関連する成果物の概要です。 詳細については、Entrustの担当者によって提供される詳細なプロジェクト計画を参照してください。 プロジェクトの進捗状況と実装のタイムラインは、成果物のタイムリーな完了に大きく依存しています。

どのEntrustソリューションがEMVをサポートしていますか?

Entrustは、EMVカードプリンターを含め、幅広い金融ソリューションをサポートします。 Entrustがあなたとあなたの顧客をどのように助けることができるかについてもっと学ぶために、当社の次回のlunch & learnにご参加ください。