いつでもどこでも証明書をデザイン、発行、管理

Entrust™インスタントIDソフトウェア(旧称TruCredential)は、セキュアな身分証明書と資格情報を作成、発行、および管理するためのソリューションであり、組織は基本的な写真身分証明書から高保証の証明書まで幅広い適用要件を満たすことができます。

使いやすい

直感的なドラッグアンドドロップのテンプレートとワークフローを使用して、いつでもどこでも身分証明書をデザインできます。

高度に構成可能

カスタムデザインテンプレートとワークフロー、および一意のユーザープロファイルを作成します。

すぐ利用可能な統合

既存のシステムにモジュール式のソリューションを追加することで、最低限の投資で新しいテクノロジーを導入することができます。

展開が簡単

1つのサーバーにインストールしてライセンスを認証し、ユーザーとデータをリモートで展開して管理します。

拡張機能

構築済みのスマートカード構成と包括的なレポートにアクセスできます。

包括的なソリューション

Entrustプリンター、サプライ、サポート、およびサードパーティのプリンターと統合するように設計されています。

常に最新

Chrome、Microsoft Edge、Windows 10、Windows Server、MS Access、SQL Server、Oracle、DB2、Active Directoryシステム、およびRESTful Webサービスで動作します。

詳細

    技術仕様

    同時にその他のDatacard® Adaptive Issuance Suiteソフトウェアを実行中のコンピューターには、Entrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアをインストールしないでください。 Entrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアは、Adaptive Issuanceソフトウェアのカスタムバージョンを使用してスマートカードのパーソナライズ機能を提供し、コンポーネントは現在インストールされているAdaptive Issuanceのコンポーネントを上書きします。 その結果、既存のAdaptive Issuanceソフトウェアのインストールは機能しなくなります。 Entrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアをインストールする前に、Adaptive Issuanceソフトウェアを削除してください。 Entrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアの以前のバージョンでは、カスタムSyntera® Customization Suite(SCS)ソフトウェアのコンポーネントが使用されていましたが、こちらも併せて削除する必要があります。

    2つのソフトウェアアプリケーションが同じデータベーステーブルと列に接続している場合は、Datacard® ID Works®識別ソフトウェアまたはDatacard® IDCentre™ソフトウェアも実行中のコンピューターにEntrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアをインストールしないでください。

    ソフトウェア要件

    Entrust Adaptive IssuanceインスタントIDを実行中のシステムは、このセクションで説明されている要件を満たす必要があります。

    オペレーティングシステム

    Entrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアは、最新のサービスパックがインストールされた次の64ビットのオペレーティングシステムをサポートします。

    • Windows 7*
    • Windows 8.1
    • Windows 10
    • Windows Server 2012 R2
    • Windows Server 2016
    • Windows Server 2019

    *USBケーブルでWindows 7オペレーティングシステムに接続されているSP/CPプリンターでは、スマートカードはサポートされていません。

    モバイル登録用のオペレーティングシステム

    • Androidバージョン4.4以降
    • Apple iOSバージョン12.0以降
    • Windows 8.1
    • Windows 10

    ブラウザー

    • Google Chromeバージョン78以降
    • Microsoft Internet Explorerバージョン11以降
    • Microsoft Edgeバージョン42以降
    • Apple Safariバージョン11以降(iOSのみ)

    Entrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアを使用するときは、ブラウザーウィンドウを最大化することを推奨します。

    データベース

    Entrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアのインストール時に作成された内部H2データベース

    外部データベースについては、次のデータベースマネージャーのいずれかを使用するものとします。

    • Microsoft Access 2010
    • Microsoft Access 2013
    • Oracle 11g R2または12c
    • Microsoft SQL Server 2008 R2
    • Microsoft SQL Server 2012
    • Microsoft SQL Server 2014
    • Microsoft SQL Server 2016
    • IBM DB2 11.1
    • MySQL 5.7
    • MySQL 8.0

    Entrust Adaptive Issuance Instant IDソフトウェアのワークフローをデータベーステーブルに接続する方法、およびサポートされているデータベースアクションについては、オンラインヘルプを参照してください。

    ハードウェア要件

    • 64ビットプロセッサを搭載したコンピューター
    • 1360×768の最小画面解像度
    • 利用可能なコンピューターハードドライブ容量1 GB
    • 利用可能なソフトウェアポート(デフォルトは9800)

    当社のバージョン8.2の評価版ソフトウェアを試す

    関連製品