Skip to main content
Person scanning card

レーザー425Fおよびレーザー450Fモジュール

金融カードにおいて、エンボス技術は依然として最も利用されているパーソナライゼーション技術ですが、最近のフラットカードの採用増加は、DoDや耐久性のあるグラフィックとレーザーマーキングなどの他のパーソナライズ技術の採用を急速に推進しています。

Laser 425Fおよび450Fモジュールは、PVC、金属カード、およびレーザー受容コーティングを施したその他の材料上に鮮明で活気のあるテキストと画像を生成できます。レーザー技術は、金融カードのパーソナライズに特化した機器を提供するために進化および開発されました。

Laser450FおよびLaser425Fモジュールは、光ファイバーレーザー彫刻技術を使用して、並外れた品質のカードを高速で提供します。 英数字のテキスト、バーコード、白黒のロゴ、および400dpiを超える解像度を超えるその他のグラフィック要素を彫刻することができます。

機能

バーコード刻印

Laser350およびLaser325モジュールと同様に、新しいLaser450FおよびLaser425Fモジュールは、以下を含むすべての同じバーコードをサポートできます。

  • 1次元バーコード:Code 39、Extended Code 39、HIBC、Codabar、NW7、EAN8、EAN13、JAN8、JAN13、UPCA、UPCE、Bookland、Interleaved 2 of 5、Code 128、EAN / UCC 128、Code 93 、MSI Plessey
  • 2次元バーコード:QRコード、PDF417、データマトリックス

ビジョン登録機能

モジュール内のオプションのビジョン登録機能により、カードに刻印された要素と事前に印刷されたキャプションを正確に位置合わせできます。 事前に印刷された要素(たとえば、カードのグッドスルーまたは有効期限のキャプション)が検索されます。 次に、事前に印刷された要素の配置を確認し、レーザーモジュールに詳細を提供して、可能な限り最高品質のパーソナライズを作成します。 この機能は、カードごとに事前に印刷されたわずかな違いに対応するのに役立ちます。

ヒューム抽出ユニット(PVCカードでレーザーモジュールを使用する場合のみ)

当社では、臭気を減らすために追加のサポートが必要なお客様のために、ヒューム抽出ユニットを引き続き提供します。 臭いの影響を最も受けるのは、PVCカードを刻印する作業です。 当社では、PVCカードが刻印されている場合、2つのレーザーモジュールごとに1つの抽出ユニットを推奨しています。

Laser450FおよびLaser425Fモジュールの主な機能と利点、以下の通りです

レーザーモジュール450Fの詳細については、データシートをご覧ください
×

👋 Hello, if you have any
questions, I'm ready to chat.

Chat Now