クラウド、ユーザ認証、およびIoTが PKIの使用を急激に加速

企業でのデジタル証明書の使用は、これまでにないほど急速に進んでいますが、同時に、多くの企業が新たなニーズを満たすべく、PKI(公開鍵基盤)を発展させる上で多くの課題に直面しています。IoT(モノのインターネット)を含む新たなアプリケーション、進化し続ける規則と義務、組織における不明確な所有権は、企業がPKIを利用し管理しようとする際の妨げとなっています。また、証明書の発行および取得数は大幅に増加しており、証明書管理の自動化とHSMを含む強力なセキュリティの重要性がかつてないほど高まっていることが、今年の調査で明らかになりました

green cloud icon

82%

パブリッククラウドベースの
アプリケーションにPKIを使用

lock icon orange in hex shape

52%

PKIのセキュリティ機能に対する
理解の欠如が最大の課題

pink certificate icon

47%

ハードウェア・セキュリティ・ モジュール(HSM)を使用して
オフラインルート認証局を保護

PKIソリューション

nShield 汎用HSM

ルートCAおよび 発行CA用の秘密鍵の保護に対して、 デジタルセキュリ ティへの認定取得済の高保証基盤を提供

nShield as a Service

クラウド型サービスにより、PKIなどを簡単かつ効率的にHSMとの連携を実現

Ponemon Instituteによる2020年版世界のPKIおよびIoT動向調査は、17の国/地域のPKIに関与している 1934名の個人を対象に行った調査に基づいています。

本調査報告書では、PKIとIoTの使用状況やトレンドの詳細を記載しています。PKI関連のベンチマーキングや企画の際、ぜひ報告書全文をダウンロードしてご活用ください。

調査結果概要
のダウンロード

×

👋 Hello, if you have any
questions, I'm ready to chat.

Chat Now