Skip to main content

PKIを活用してビジネスの可能性を広げるために

Entrustの協力によりPonemon Instituteが実施した「2021年版 世界のPKIおよびIoT動向調査」では、17の国と地域のITおよびセキュリティ部門の担当者6,610名を対象に、組織におけるPKIの導入状況、アプリケーション、課題について調査を行いました。

調査結果が示すこと

オーナーシップが明確でない、リソースやスキルが不足しているなど、例年と同様の課題が上位にランクインしました。しかし、在宅勤務、クラウドサービス、マシンアイデンティティ、IoTの普及などを背景に、PKIの需要が高まっていることを考えると、状況はこれまで以上に厳しくなっていると言えます。

この1年間で組織は適応力を見せたものの、多くの組織がPKIのテクノロジーや、PKIの管理に必要なスキル・リソースの限界に直面しています。組織にとって、PKIへの対応を優先していくことが、よりコネクテッドな世界に向けた最善の準備となるでしょう。レポートには次のトピックスが含まれています。

  • PKI利用の動向と課題
  • 鍵や証明書の管理における課題
  • PKIとIoTのベストプラクティス
  • グローバルな分析

エグゼクティブサマリーをダウンロード

Global PKI and IoT Trends Study Japanese report thumbnail
Percent Background

証明書の数が増えると、問題も増える

マシンアイデンティティや在宅勤務への需要の高まりを受けて、組織のPKIが発行する証明書の平均数は2019年以降、39,197件から58,639件へと50%増加しています。しかし、その証明書を管理するためのリソースや専門知識が依然として不足しています。

Percent Background

PKIが進化しなければ、自社も進化できない

55%が、アプリケーションでPKIを利用する際の最大の課題は、既存のPKIが新しいアプリケーションをサポートしていないことだと回答しています。

Percent Background

コネクテッドな世界への対応

47%が、PKIを使ったアプリケーションの導入を促す最も重要なトレンドはIoTであると回答しています。

Percent Background

PKIの可能性は無限でも、リソースには限りがある

46%がPKIの活用に必要なスキルが不足していると回答し、PKIの専門スタッフを配置している組織は41%にとどまっています。

Percent Background

責任者は誰?

71%が、オーナーシップが明確でないことがPKIの導入・管理における最大の課題であると回答しています。これは昨年よりも8%増加し、7年連続でトップの課題となっています。

Percent Background

スマートカードよりもスマートに

40%の組織が、ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)を使用して、ルートCA、ポリシーCA、および発行CAの秘密鍵を管理しています。次に多いのはスマートカードで、26%の組織が使用しています。

関連リソース

関連ソリューション

Entrust PKI

世界有数のPKIプロバイダーが提供するオンプレミスおよびマネージドのPKIソリューションを利用すれば、ビジネスの信頼性が格段に向上します。

PKIアプリケーション向けnShield HSM

クレデンシャルとPKIにより、ユーザ、ネットワーク、データ、およびビジネスのコアシステムを保護します。

Entrust IoT Security

スケーラブルなマシンIDとユーザIDの管理を通じて、ITデバイスとOTデバイスをシームレスに保護できます。

暗号化のCoE

EntrustのPKIヘルスチェックが、暗号戦略や包括的なPKI評価について、専門的なサポートを提供します。

Entrust Certificate Hub

証明書の検索、管理、自動化を1つの強力なポータルで実現できます。

Entrust nShield HSMs

ルート認証局・発行局の秘密鍵に対する認定取得済みの保護機能により、信頼性の高いデジタルセキュリティの基盤を提供します。

nShield as a Service

PKIなどに使用できる暗号化クラウドサービスを、簡単かつ効率的に利用できます。

エグゼクティブサマリーを入手

×

👋 Hello, if you have any
questions, I'm ready to chat.

Chat Now