暗号化ビジネスの新たな需要が明らかに– 顧客情報保護が暗号化の最重要動機

これまでとは異なり、暗号化が、コンプライアンス要件を満たすためだけでなく、個人的な顧客データの保護にも使用されていることが調査結果によって明らかになりました。2020年版世界の暗号化動向調査では、業界をリードする企業が実 践する暗号化戦略に焦点を当て、急増するユースケースについて詳細な解説を行います。

報告書を今すぐダウンロードしてください。

48%

企業全体に一貫 して適用される 暗号化戦略を 保持

increase icon

21%

過去4年間でパブリック クラウドサービス内 での暗号化の使用が 増加

server icon in hex shape

64%

ハードウェアセキュリティ モジュール(HSM)が、 暗号化または鍵管理戦略に とって重要であると認識

報告書の詳細を見る

暗号化戦略の実践をサポートするソリューション

nShield 汎用HSM

ルートCAおよび 発行CA用の秘密鍵の保護に対して、 デジタルセキュリ ティへの認定取得済の高保証基盤を提供

nShield as a Service

クラウド型サービスにより、PKIなどを簡単かつ効率的にHSMとの連携を実現

nShield Connect

ネットワーク全体にわたる拡張可能な暗号鍵サービスを提供するFIPS 140-2及びコモンクライテリア認定アプライアンス

nShield コンテナ オプションパック

高保証のnShield HSMと統合されたクラウドに、コンテナ化されたアプリケーションを展開

nShield ウェブサービス オプションパック

高保証HSMへのクラウド対応インターフェース

今回で15年目となるPonemon Instituteによる2020年版世界の暗号化動向調査は、17の国/地域の6,457名の個人を対象に行った調査に基づいています。

暗号化の最新の傾向と展開オプションの詳細については、報告書をダウンロードし、重要なデジタル情報の保護方法に関する記載をご覧ください。

レポートをダウンロードする

×

👋 Hello, if you have any
questions, I'm ready to chat.

Chat Now