あなたはここにいるが、
データは別の場所に。
脅威はどこにでもあります。

業界で最も包括的な暗号化調査である2021年版世界の暗号化動向調査は、マルチクラウドにおける暗号化戦略とデータセキュリティの脅威を組織がどのように管理しているかを明確に示しています。 結果は明らかでした。 機密データがリスクにさらされた状態で、今まで以上に分散しています。

調査結果には、下記が含まれています:

  • マルチクラウド暗号化戦略
  • 暗号化の導入と展開オプションに関する動向
  • 脅威、推進力、および優先事項
  • ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)の重要性

2021年版のエグゼクティブサマリーをダウンロード

GETs Report Cover
Percent Background

新しい節目、だがゴールではない

世界の暗号化動向調査を16年間実施してきたPonemon Instituteは、回答者の50%が、組織全体に一貫して適用される包括的な暗号化戦略を持っているという、新しい節目に到達したことがわかりました。

Percent Background

顧客データは依然としてリスクにさらされている

顧客情報は暗号化を行う理由の最上位としてリストされている一方で、顧客データの暗号化を使用している回答者はわずか42%でした。企業が実際に暗号化しているデータとしては、5番目にランキングされています。

Percent Background

スタートラインが最初の障害

回答者の65%が、マルチクラウドのどこに機密データがあるのかを見つけるのに苦労していると回答しており、組織の2/3以上が2つ以上のパブリッククラウドを使用しています。

Clouds

クラウドプラットフォームの強固な基盤

コンテナ化されたアプリケーション開発とシークレット管理は、クラウドベースのプラットフォームをサポートする際の暗号化とハードウェア・セキュリティ・モジュールの主要なユースケースになりました。

Rocket

今後の展望

ブロックチェーンは、複数のユースケースを検討している組織では、主流になりつつあります。 しかし、マルチパーティ計算、準同型暗号、量子アルゴリズムなどの次世代暗号化テクノロジーが実現するのは、5年以上先のことです。

2021年版のレポートに関連するその他の資料

関連ソリューション

nShield 汎用 HSM

クラウド導入において各種のnShield HSMがどのようにセキュリティバックボーンや信頼の基盤となるのかがわかります

nShield as a Service

簡単で効率的にアクセスできる暗号化クラウドサービス

Entrust KeyControl

暗号化されたワークロードの汎用鍵管理

nShield Container Option Pack

クラウド内のコンテナ化されたアプリケーションを信頼性の高いnShield HSMと統合

nShield Web Services Option Pack

信頼性の高いHSMに対するクラウドベースのインターフェイス

Identity as a Serviceのeブック

IDおよびアクセス管理のクラウド型プラットフォーム

Cryptographic Center of Excellence

ビジネスの継続性、コンプライアンス、およびセキュリティを最適化Crypt Centerを設置する方法がわかります。

エグゼクティブサマリ
ーをダウンロード

×

👋 Hello, if you have any
questions, I'm ready to chat.

Chat Now