メインコンテンツまでスキップ

デジタル署名を第三者とドキュメントを取り交わす際の標準的な手順にする

第三者がデジタル署名を受け入れる場合、世界中で信頼されているEntrustのデジタル証明書をベースにし、改ざんを防止できる認証済みのデジタル署名が、間違いなく優先的に選ばれるでしょう。

EU圏のパートナーと顧客に安心感を与える

電子署名に関するEU規制であるeIDASでは、デジタル署名を単純な電子署名に代わる「高度な電子署名」として認めています。

ハードウェアベースの資格情報でより安全に

世界中で信頼されているEntrustのドキュメント署名用サーバー証明書は常に、USBトークン、ローカルまたはクラウドのnShield HSM、あるいは当社のSigning as a Service製品といったセキュアなハードウェアに格納されます。

認証と認定が施されたソリューションで作業する

Entrustは、業界をリードするサーバー証明書ベンダーであり、ハードウェアセキュリティモジュールの公認ベンダーです。 当社のハードウェアセキュリティモジュールソリューションは、数多くのデジタル署名シナリオに対応していることが証明されています。

セキュリティおよびコンプライアンス標準と整合するメリット

ブランドの評判を向上させる

デジタルセキュリティの第一人者との連携は、強力な補償となるため、貴社顧客を確実に安心させることができます。

関連標準との整合性

セキュリティへの熱心な取り組みを示し、デジタルセキュリティと電子署名に関する社内外のセキュリティポリシーとの整合性を確保できます。

専門家が寄り添いサポート

資格情報のセキュリティに関する暗号化ポリシー、標準、手順に関するEntrustの専門知識を活用できます。

セキュリティおよびコンプライアンス要件の詳細はこちら

関連製品

お客様向けのソリューションを構築しましょう。

Entrust Identityのスペシャリストが間もなくオプションについてご連絡いたします。