メインコンテンツまでスキップ

有効な資格情報を侵害から保護

まずデバイスレピュテーションを調べてデバイスを信頼し、本来は有効な市民の資格情報の侵害を防ぎます。

身元をデジタルで確認

市民IDは、しばしば他の資格情報から派生する「スーパーID」です。 政府には、個人情報の盗難や詐欺を防ぐために、市民の身元を確認・保護する責任があります。

市民が文書にデジタル署名を施せる体制を整備

市民の身元をデジタル手段で検証する政府は、市民が電子文書に署名できるようにするため、デジタル署名のインフラストラクチャも構築するとよいでしょう。

複数の要素を適用

市民の身元を2つ以上の要素で確認することにより、セキュリティリスクを指数関数的に削減できます。また、モバイルプッシュやOTPなどのスマート認証システムもスムーズです。

状況に応じた対応

リスクベースの適応認証では、市民のアクセスに許可、ブロック、条件付き許可のいずれで対応すべきかを決められるように、疑わしいパターンのプロアクティブな特定に必要な体制を整備できます。

シームレスで安全な国境を実現

ICAO規格に基づく電子渡航許可証で、旅行者の体験と国境のセキュリティを向上させることができます。旅行前に安全な健康証明書を発行するなどの選択肢が増えます。

安全な市民IDリソース

関連製品