境界を超えたセキュリティ

CPAP、透析装置、ペースメーカーなどの接続装置で、デジタル医療の提供が可能になりますが、このモデルでは病院のネットワーク境界の安全性が失われ、いくつかの新しい脅威ベクトルが発生することになります。医療機関は、患者とリモートでやり取りし、医療サービスをデジタルで提供するための安全な方法を必要としています。

デジタルID患者のオンボーディングと認証

境界を越えた医療サービスの提供は、安全なセルフサービスでの患者ID認証を実現するためのデジタルID認証から始まります。患者が認証されると、安全な資格情報をデジタルデバイスまたは物理的なカードのいずれかに発行できます。

柔軟な資格情報の発行

これらの物理的IDおよびデジタルIDは、集中管理を行う場所から一括で発行できます。または、医療システムの安全なネットワークに接続された分散型サイトから、即座に有効化される物理的資格情報およびデジタル資格情報を生成できます。

デジタル化されたトランザクションと支払い

紙ベースの承認および同意を必要とすることなく、効率、セキュリティ、およびトレーサビリティを向上させるデジタル署名サービスを使用して、研究室の予約、処方箋への署名、レセプトなどのリモートトランザクションの信頼性を確保します。

安全な接種・検査資格情報

接種当日に有効な市民登録を証明するデジタル版または印刷版の資格情報を発行します。市民のプライバシーと個人情報を暗号化で保護し、正当な権限がある場合にのみワクチン接種や検査の資格情報へのアクセスを許可します。

関連製品

お客様向けのソリューションを構築しましょう。

Entrust Identityのスペシャリストが間もなくオプションについてご連絡いたします。