患者の機密性とデータの整合性の確保

かつては病院に物理的なファイルがありましたが、現在は多くの患者記録がデジタル化され、新しいセキュリティリスクが発生することになりました。これらのリスクに対して、患者データを暗号化またはトークン化することで、認可済みユーザーのみがアクセスできるようにする必要があります。

詐欺を目的とした偽造の防止

医療記録は、ダークウェブで盗まれたクレジットカードの最大40倍を超える価値があります。デジタル署名された記録は、患者データの管理を維持し、ドキュメントに関する詐欺を目的とした偽造を防止できます。

個人を特定できる情報(PII)の保護

医療情報を医療パートナーと共有する必要がある場合は、患者のプライバシーを保護するために、個人を特定できる情報(PII)をトークン化する必要があります。また、ドキュメントへの電子署名により、ドキュメントの所有者が明確化され、記録の整合性と信頼性を確保できます。

関連製品

お客様向けのソリューションを構築しましょう。

Entrust Identityのスペシャリストが間もなくオプションについてご連絡いたします。