電子識別、認証および信頼サービス(eIDAS)

 

電子識別、認証および信頼サービス(eIDAS)規制は、欧州加盟国全体の個人、組織、および政府機関間の電子取引への信頼を確立するために作成されました。

 

eIDASの下では、市民と企業は、eIDを使用する他のEU加盟国内の公共サービスにアクセスする際に、ネイティブの国内電子識別スキーム(eID)を使用できます。さらに、この規制は、電子署名、タイムスタンプ、電子シール、およびその他の認証証明の標準を実装します。これには、紙上で行われた場合と同じ法的ステータスを電子トランザクションに与える、電子認証や登録済み配信サービスが含まれます。