コモンクライテリア規格とは何ですか?

 

国際コモンクライテリア標準は、米国、カナダ、ドイツ、英国、フランス、オーストラリア、ニュージーランドなど、いくつかの異なる国の国内ITセキュリティ認証スキームを統合して置き換えるために開発されました。

コモンクライテリア認定ソリューションは、ミッションクリティカルなインフラストラクチャを保護するために、世界中の政府や企業から求められています。資格のあるデジタル署名を生成する署名システムを作成するために組み合わされる個々のコンポーネントが、欧州連合のデジタル署名法に基づく関連するコモンクライテリア認証を持っていることが前提条件です。コモンクライテリアでは、製品は7つの特定の評価保証レベル(EAL)のいずれかに評価されます。Entrust nShield Connect、nShield Connect+、nShield Solo、nShield Solo+、そして現在nShield Solo XCとnShield Connect XCはすべてEAL4+に認定されており、顧客はEntrustの高度な暗号化ソリューションの範囲に最大限の信頼を寄せることができます。