データ保護およびセキュリティ規制

 

暗号化とは

暗号化はデータをスクランブルするプロセスであるため、データを元の状態に戻す手段(またはキー)を持っている人だけが読み取ることができます。最新の暗号化では、秘密の値またはキーを使用してデータをスクランブルします。対応する暗号化鍵を使用して、データを復号化または読み取り可能にすることができます。暗号化はデータを安全に保ちます。犯罪者や不正な人物が情報を盗んだり改ざんしたりするのを防ぎます。これは、オンラインで通信している相手を確実に把握し、デジタルドキュメントに署名するために使用できます。暗号化は、インターネットを閲覧するとき、店舗、オンライン、またはモバイルアプリを介してクレジットカードやデビットカードを使用するとき、および安全なメッセージングアプリを使用するときに情報を保護します。企業は暗号化を使用して、顧客情報、企業秘密、財務記録などの機密情報を保護しています。暗号化はデータ侵害を防ぐことはできないかもしれませんが、漏洩したり盗まれたりしたデータを読み取れなくするため、悪意のある人の手に渡ったとしても、データは役に立たなくなります。

 

電子署名とは

電子署名は、タブレット上の指で描いた署名、スキャンした署名、またはウェブページの「同意する」ボタンのクリックなど、同意の証明を電子的に表現したものです。電子署名は、特定の条件下で多くの国で合法的に受け入れられます。

 

デジタル署名とは

デジタル署名は、高保証タイプの電子署名です。これは、自然人(個人など)のIDを含むデジタル証明書を使用して実行されるドキュメントの暗号化操作です。デジタル署名は、ドキュメントのコンテンツをユーザーにバインドし、改ざんを防ぎます。

 

デジタル印鑑とは

デジタルシールは、高保証タイプの電子署名です。これは、法人(組織など)のIDを含むデジタル証明書を使用して実行されるドキュメントの暗号化操作です。デジタルシールは、ドキュメントのコンテンツを組織にバインドし、改ざんを防ぎます。
 

GDPRとは

CCPAとは

FIPS 140-2とは

コモンクライテリアとは

eIDASとは