メインコンテンツまでスキップ

ロールベースのアクセス制御(RBAC)とは、ユーザーにリソースへのアクセスを許可するかどうかを決定するためのロール(役割)と特権を定義する、アクセス制御メカニズムです。 ロールは、ユーザーの場所、部門、在籍年数、職務などの特性に基づいて定義されます。 アクセス許可は、アクセス(ユーザーが表示できるもの)、操作(ユーザーが実行できるもの)、およびセッション(ユーザーが実行できる時間)に基づいて割り当てられます。

RBACの3つの主要なルールは何ですか?

  1. ロールの割り当て: ユーザーは、ロールが割り当てられていれば、権限を行使できます。
  2. ロールベースの承認: ユーザーのロールは承認されている必要があります。また、ユーザーは承認されたロールのみを引き受けることができます。
  3. 権限の承認: ユーザーは、割り当てられたロールと権限に基づいて、許可されている場合に特定の権限を行使できます。

RBACの利点は何ですか?

「最小権限の原則」への取り組み: RBACは、ユーザーのロールに基づいて、ユーザーに割り当てるアクセス許可の数を最小限にすることで、ゼロトラストセキュリティの実現に役立ちます。 ロールは、職務に関連するビジネスタスクを実行するために、ユーザーが必要とする一連の権限を定義します。

管理の負担を軽減する: RBACを使用して、ロールをすばやく追加し、切り替え、オペレーティングシステム、プラットフォーム、およびアプリケーション全体にグローバルに実装します。 また、ユーザー権限を割り当てるときにエラーが発生する可能性も減らします。 RBACは、サードパーティユーザーをネットワークに簡単に統合するのにも役立ちます。

職務の分離: 理論的にはロールは分離されているため、ハッカーはそのアカウントにアクセスが許可されているリソースにしかアクセスできないので、単一のユーザーが重大な侵害の原因になることはありません。

コンプライアンスの向上: RBACは、組織が、データ保護とプライバシーに関するコンプライアンス規制、および地域や地方自治体によって施行される法定要件を満たすのに役立ちます。 それは、IT部門と経営幹部がユーザーのロールに基づいてデータアクセス許可を管理できるために可能となります。

RBACとABACの違いは何ですか。

RBACはユーザーのロールに基づいて権限を付与しますが、属性ベースのアクセス制御(ABAC)は、ユーザーに関連する属性(役職、在籍年数、職務など)、リソース(ファイル/アプリケーションの種類、機密性、ソースなど)、またはコンテキスト(リソースがアクセスされている場所、方法、および/または時期など)に依存します。

ABACでは、特定の属性が追加されることで許可オプションが指数関数的に増え、RBACと比較して別のレベルの制御が必要となります。 RBACより柔軟性に優れ、ほぼ無限の柔軟性がある一方で、柔軟だからこそ複雑さが増すため、適切な実装と管理を徹底しないとリスクが増大する可能性があります。

EntrustのIDおよびアクセス管理(IAM)ソリューションはRBACを促進しますか?

はい、EntrustのIAMソリューションは、アクセス管理を簡素化し、データのプライバシーを確保するためのRBACを提供します。 この機能は、ユーザー権限を個別に確立および管理するのではなく、ロールにアクセス権限を適用することにより、地域の規制へのコンプライアンスを向上させるだけでなく、運用効率も向上させます。