メインコンテンツまでスキップ

Identity as a Service(IDaaS)とは、IDおよびアクセス管理(IAM)用のクラウドベースのサブスクリプションモデルです。

IDおよびアクセス管理(IAM)とは何ですか?

IDおよびアクセス管理(IAM)は、適切なエンティティのみが適切なタイミングで適切なリソースにアクセスできるようにする、セキュリティポリシーとテクノロジーのフレームワークです。

人またはデバイスをエンティティにすることができます。リソースには、アプリケーション、ネットワーク、インフラストラクチャ、およびデータが含まれます。IAMは、従業員、消費者、および市民のユースケースに適用できます。

IAMは、信頼できるデジタルIDの確立および維持を前提としています。 IAMを使用すると、組織はエンティティを認証および承認して、適切なリソースへの安全なアクセス権を付与することができます。 また、コンテキスト属性をリアルタイムで継続的に評価し、状況に応じてステップアップ認証を呼び出す適応型リスクベース認証により、信頼は長期にわたって維持されます。

IDaaSソリューションにはどのIAM機能がありますか?

IDaaSは、多要素認証(MFA)やパスワードなしのアクセスからシングルサインオン(SSO)まで、幅広いIAM機能をカバーしています。 組織は、これらの機能を要望に応じて組み合わせて、適切な人やデバイスに適切なアクセスを提供できるようにすることができます。 以下に、最も一般的なIDaaSの機能を示します:

IDaaSの利点は何ですか?

  • ゼロトラストの実現: IDを安全に保ち、適応型のリスクベース認証を適用し、URL/APIを保護します。
  • より良いユーザーエクスペリエンス: パスワードなしのログイン、ID証明、クラウドアプリフェデレーションでユーザーの手間を最小限に抑えます。
  • コスト削減: クラウドに任せることで、機器の必要性はなくなります。 パスワードのリセットなどのセルフサービスソリューションによりITチームの負担を取り除き、ITチームを開放するとともに、組織の全体的な生産性と収益性を向上させます。
  • より強力なセキュリティ: 適応型MFA、URL/APIセキュリティ、不正検出、承認、アクセス管理制御を使用して、ユーザー、アプリ、トランザクションを保護します。
  • オンデマンドのスケーラビリティ: ユーザー、デバイス、またはワークロードを追加する場合でも、クラウドベースのIDプラットフォームからIAMの強化されたセキュリティをプロビジョニングします。

EntrustはIDaaSにどのようにアプローチしますか?

Entrustは、従業員、消費者、市民があらゆる規模の組織と安全かつシームレスに連携できるように、信頼できるIDを実現します。 Identity as a Service(IDaaS)は、ゼロトラストフレームワーク上に構築されたクラウドベースのIAMソリューションであり、不正アクセス、データ侵害、その他のサイバー攻撃や不正取引からの保護に役立ちます。