メインコンテンツまでスキップ

はじめに

BIMI とは

メッセージ識別のブランド指標であるBIMIは、メールクライアント内に登録商標を挿入するための新たな標準であり、組織が使用すると、自らのブランドをメール内で簡単に表示できるようになります。

BIMIガイドラインの開発の背景には、DMARCの採用を加速させ、ブランドにDMARC(ドメインベースのメッセージ認証、レポート機能、適合性)を適切に装備した場合にはインセンティブを与えることで、より安全なメールエコシステムを促進するという考えがあります。 このインセンティブは、組織の検証済みロゴを受信トレイに表示できるVerified Mark証明書(VMC)の形で設計されています。 組織がBIMIを最も詳細な検証で使用するには、Entrustのような公認認証局のVMCと、100%検疫または拒否に設定されたDMARCポリシーが必要です。

BIMIが重要な理由とは?

BIMIは、DMARCを実装した組織にインセンティブを与えることで、誰にとっても一段とセキュアなメールエコシステムを後押しします。 DMARCを義務付けるポリシーは、なりすましやフィッシング攻撃に対するセキュリティの向上に有効です。 受信トレイにロゴが表示されると、相手が即座にブランドを認知し、メールへのエンゲージメントが高まります。 これらのBIMI要件が相まって、企業は一段と優れた顧客体験を提供できるようになります。 早期導入企業は、ベストプラクティスを実践していることを顧客にアピールできると同時に、自社ブランドを差別化することができます。

VMC(Verified Mark証明書)とは?

VMCは、企業がBIMIガイドラインに沿って、登録商標のロゴを送信メールに添付・表示できるようにするためのサーバー証明書です。 よりパーソナライズされ、より没入感のあるメール体験を顧客に提供し、メール戦略全体を向上させようとする組織の取り組みをVMCは支援します。

なぜVMCが必要なのですか?

ビジネスメールコンプロマイズ(BEC)から、消費者の信頼を失い、手痛い詐欺行為が発生する問題が続出しています。 より没入感のあるメール体験を安全に促進できる、新しい強化版パーソナライゼーション方法が、メール戦略の向上に役立ちます。 必須のDMARC認証となりすまし防止テクノロジーをVMCと組み合わせると、メールのなりすましやフィッシングを減らし、配信能力を高めることができます。

顧客にとってより魅力的なメール体験をつくり出し、メール戦略のベストプラクティスを実現しようとするブランドの取り組みをVMCは支援します。

DMARC とは

DMARC は、E メールドメインの所有者が E メールのなりすましを防止できるように開発された E メール認証プロトコルです。

受信トレイに表示されるロゴの表示方法とは?

VMC付きメールとVMCを有効にした電子メール

BIMIをサポートしているメールボックスプロバイダは?

Gmail、Yahoo、Fastmailは2021年からBIMIに対応しています。 Appleは2022年秋からmacOS/iOS16でBIMIをサポートすると発表しており、フランス郵政公社は2022年8月29日にBIMIサポートを発表しています。 またGmail、Apple、フランス郵政公社は、BIMIとともにVMCのみをサポートしています。

VMCがメールのエンゲージメントを向上させる仕組みとは?

2021年6月に実施した初期調査では、VMCがメールの開封率やその他のインタラクションにプラスの影響を与え、メールのエンゲージメントの向上に役立つことが明らかになりました。 本調査研究の詳細については、Entrustのブログ記事をご覧ください。

VMC 発行の要件

  1. 高レベルな保証の検証のプロセス。
  2. メールドメインと組織ドメインのDMARCポリシーが [quarantine(検疫)] または [reject(拒否)] に設定されていること。
  3. 認められた管轄裁判所で登録されている商標ロゴ。
  4. アスペクト比がスクエアで、Tiny(1.2)プロファイルのSVGファイルとしてフォーマットされた商標ロゴファイル。

Verified Mark 証明書 (VMC) はどこで手に入りますか?

まずは、entrust.com/vmcをご覧いただくか、以下連絡先までご連絡ください。 +1-888-690-2424(米国東部標準時8:30~16:30)

政府機関はBIMIを用いて、メールにロゴを表示できますか?

官省庁はBIMIを活用して、ロゴを表示できます。 Government Mark Certificate(GMC)が必要となるため、メールドメインと組織ドメインのDMARCが検疫または拒否ポリシーに設定されています。

Government Mark Certificate(GMC)とは?

GMCでは、官省庁のために法令、規則、条約、またはその他政府行為によって付与されたロゴを確認し、その認定ロゴをBIMIガイドラインどおりにメール通信に表示できます。

詳細分析

BIMI

DMARCまたは登録商標ロゴなしで開始した場合、Verified Mark証明書を介してBIMIを配置するおおよその所要時間はどれくらいですか?

DMARC コンプライアンスへの準拠には、構成するソースの数と必要なレコードを実装できる速度によりますが、平均5〜8週間かかります。 国によっては、登録商標の取得に3か月から6か月以上かかる場合があります。

BIMI は新しいインターネット標準になると期待されていますか?

現在、IETF ドラフトが検討されていますが、インターネット標準はまだありません。

別の IP から送信される可能性のある CRM で生成された E メールに BIMI を添付できますか?

はい、ただし、DMARC準拠のポリシーで、該当するメール送信者による送信が認められている場合に限ります。

BIMIレコードとは?

BIMIレコードとは、VMCによってライセンスを取得しているメールドメイン(複数可)の組織のDNSレコードに追加する必要がある、TXTレコードです。 登録商標ロゴがホスティングされる場所、ならびにメールドメインと関連づけられたVMCが組み込まれています。

Verified Mark証明書の記録に使用される企業ロゴは、どこから取得するのですか?

商標登録されたロゴは、SVG Tiny 形式の画像として認証するためにお客様から提供されます。 認証が完了すると、その画像でVMCが作成されます。作成されたVMCは、顧客またはEntrustがホスティングします。 BIMIレコードがお客様のDNSに配置され、そのDNSが、VMCのホスティングされているURLを提供します。

E メール通信に表示したい登録ロゴのアップロード先はどこですか?

VMCとSVGのロゴは、デフォルトでEntrustがホスティングしますが、TLS/SSL証明書で保護された一般向けウェブサイトにアップロードすることもできます。 そのURLをBIMI TXTレコードとしてDNSに配置する必要があります。

BIMI は B2C での E メールにしか展開できませんか? B2B では展開できますか?

BIMIは、メールドメインと組織ドメイン(関連する場合)がBIMIに対応している限り、サポート対象のメールボックスプロバイダで登録済みのロゴを表示できます。 注意: GoogleとAppleは、Verified Mark証明書を持つBIMIのみをサポートしています。

BIMI の適用資格を得るには、大量の E メールを送信する必要がありますか?

いいえ。 登録商標ロゴを持ち、DMARCに準拠している送信者はすべて、メール件数に関係なく、BIMIの適用資格を取得できます。

検証済みマーク証明書

ロゴは登録商標でなければなりませんか?

はい、登録商標はVMC発行の要件の1つです。

BIMI と Verified Mark 証明書 (VMC) の違いは何ですか?

BIMI は、組織が E メールメッセージと一緒に登録済みのロゴを表示できるようにするプロトコルです。 VMC は、ロゴがその会社に属していること、およびそれが合法的な会社であることを確認するサービスです。 VMC は、改ざん防止のセキュリティ対策として BIMI レコードに関連付けられています。

BIMIは、SVGファイルまたはVMCで画像を移動できます。 現在、YahooはSVG表示のみ、GoogleとAppleはVMCのみをサポートしています。

商標ロゴを登録するには、会社名も登録する必要がありますか?

いいえ、BIMI に使用する登録ロゴのみ登録する必要があります。

Verified Mark証明書に関して受け入れられている商標登録局はどこですか?

こちらは現在、サポートしている国および地域のリストです。 今後、国や地域を追加して、このリストを随時更新していく予定です。

メールドメインとメールサブドメインとは?

Verified Mark証明書の文脈で、メールドメインとは、メール送信時に@記号の右側に表示されるドメインを意味します。

たとえば次のようなメールIDを考えてみてください。 campa[email protected][email protected]の場合、メールドメインは@example.comです。

電子メールのサブドメインについては、次のとおりです。 @example.comのメールでは、@marketing.example.com@ops.example.comがサブドメインとなります。

必要なライセンスの数は?

Entrustのライセンスポリシーに従って、電子メールのドメインごとにライセンスが必要です。 各VMCは1つのロゴをサポートします。 VMCライセンスには最大250個のメールドメインを追加できます(メールドメインごとに追加料金が適用されます)。

BIMIではメールのサブドメインがどう扱われますか?

Entrust VMCは、追加費用なしで、証明書にライセンスされているベースのメールドメイン配下のメールサブドメインをサポートします。

ライセンスあたり何個までロゴを追加できますか?

Entrustのライセンスポリシーに基づき、1つのVMCライセンスにつき1つのロゴを持つことができます。

当社の登録商標ロゴは、登録商標とは(位置または色が)若干異なっています。 問題ありませんか?

提出された商標が登録商標と実質的に同一であるが、若干の差異(サイズ/アスペクト比、背景色など)がある場合、Entrust 検証チームは申請者に対し、送信された商標が登録商標の範囲内であることを示す署名入りの書面を要求します。

会社が登録されたデザインマークやロゴを所有していない場合、ワードマークは許可されますか?

はい、登録ワードマークは許可されます。

商標ロゴのない会社にサービスマークの使用は許可されますか?

はい、登録サービスマークの使用は許可されます。

Government Mark Certificate(公的マーク証明書)

Government Mark Certificateは、どのような法域で使用できますか?

Government Mark Certificate(GMC)は、以下の法域で利用できます。

  • 欧州全土
  • オーストラリア
  • ブラジル
  • カナダ
  • インド
  • 日本
  • ニュージーランド
  • 韓国
  • 英国
  • 米国

GMCのライセンスはいくつ必要になりますか?

GMCのライセンスポリシーは、Entrust VMCと同じです。

GMCをサポートしているメールサービスプロバイダは?

現在、GmailはGovernment Mark Certificateをサポートしています。

DMARC

BIMI の実装を開始するには、DMARC 施行レベルのどの段階にいる必要がありますか?

BIMIの要件を満たすには、電子メールドメインと組織ドメインが100%、p=quarantine(検疫)になるか、任意の割合でp=reject(拒否)になることが、最小要件に含まれています。

DMARC の実装は、正式な VMC 検証を抑制しますか?

抑制しません。VMC 検証は、DMARC 実装と並行して個別に実行されます。

EntrustはDMARCの実装を支援していますか?

はい、EntrustはBIMI準拠の対応に関し、Red Sift社のOnDMARCとパートナーシップを結んでいます。

お問い合わせの際は+1-888-690-2424にお電話いただくか、チャットアイコンをクリックして [chat with sales(営業とチャット)] → [VMC] を選択し、詳細をご確認ください。

E メールサービスのプロバイダー

Google以外でBIMIに対応している主なメールサービスプロバイダは?

Gmail、Yahoo、Fastmailは2021年からBIMIに対応しています。 Appleは2022年秋からmacOS/iOS16でBIMIをサポートすると発表しており、フランス郵政公社は2022年8月29日にBIMIサポートを発表しています。 またGmail、Apple、フランス郵政公社は、BIMIとともにVMCのみをサポートしています。

現在、BIMIをサポートしているメールサービスプロバイダの全リストを表示できます。

Gmail

一部のGmailユーザーは、送信者名の左側に表示される円の中に、自らの写真またはロゴをすでに表示しています。 これは BIMI と同じものですか?

Gmail ユーザーは、自分の E メールアドレスを使用して個人の Google アカウントを設定し、プロフィール写真を自分の個人プロフィールにアップロードできます。 この画像は個人の E メール通信と一緒に表示されます。

これはBIMIとは異なります。BIMIは登録商標のロゴを検証し、大量のビジネスメール通信に使用される確認済みメールドメインと結び付いています。

登録商標ロゴを取得するためのリソースを持っていない可能性のある、ホビーイストや中小企業主のためのオプションはありますか?

BIMI の要件を満たすには、登録商標が必要です。

Apple

BIMIに対応しようとしているAppleのドメインは?

最初のイテレーションでAppleは同社がiOS 16で所有するドメインのVMCでただBIMIをサポートします。iPad OSとMac OSは2022年秋にリリース予定であり、BIMIをサポートすると予想されています。

Appleに付記されている「Digitally Certified」の意味とは?

Appleは、登録商標ロゴの表示に加えて、メールが「Digitally Certified(サーバー証明書付き)」つまりそのロゴの所有者と送信元メールドメインから送られていることが確認済みである旨を説明する文言を追加しています。

NISTのPQC草案標準をナビゲートする
閉じる