メインコンテンツまでスキップ

IDカードプリンタでIDを印刷するために使用できるカードには、さまざまな種類があります。 デスクトップIDカードプリンターで使用される最も一般的なものを見てみましょう。

塩化ビニル樹脂(PVC)は、IDカードに使用される最も一般的な材料です。 PVCとPET(ポリエチレンテレフタレート)を組み合わせた複合カードは、耐久性が高く、市販のラミネートモジュール(CLM)での使用に最適です。 書き換え可能なカードは、片面に書き換え可能な表面があり、もう一方の面にPVC仕上げが施されており、ビジターカードによく使用されます。

PVCとは何ですか?

PVCは、世界で3番目に広く生産されているプラスチックの合成ポリマーです。 それはIDカードプリンターを含め、人々が日常的に使用する多くの製品の生産に使用されています。 PVCは、その低コストと優れた物理的および機械的特性のためにIDカードに使用されます。

PVCカードとは何ですか?

PVCカードは、IDカードの印刷に使用されるプラスチックカードです。 さまざまなサイズ、色、厚さがあります。 最も一般的なサイズはCR80と呼ばれ、3.375インチx2.2125インチ(クレジットカードと同じサイズ)です。 市場で見られるもう1つの人気のあるカードサイズはCR79です。これは3.303インチx2.051インチですが、このサイズをサポートしているのは一部のカードプリンターのみであることに注意してください。

IDカードプリンターにPVCを推奨するのはなぜですか?

印刷のニーズに適したカード素材を決定する際には、専門家に相談することをお勧めします。 ただし、PVCは耐久性がありながら柔軟性があるため、IDカードを印刷するための優れたソリューションとして広く認識されています。 写真、テキスト、ロゴなどをIDカードに簡単に印刷できます。 さらに、UV印刷、光沢リボン、触覚印象、ラミネート、色触覚印象など、偽造カードの作成を困難にするセキュリティ機能を追加できます。

PVC IDカードをどのように保護しますか?

PVC IDカードを保護するには、以下のような多くの方法があります:

  • セキュリティ技術: 磁気ストライプ、スマートカード機能、RFID近接通信機能、およびその他のセキュリティ対策をカードに追加します。
  • 視覚的なセキュリティ: 適切なカードデザインを使用すれば、作成するPVC IDカードを組織のブランド基準に適合させながら、それが本物で正式なものであることを確認できます。
  • カードのセキュリティ機能: UV印刷、光沢リボン、ホログラフィックラミネート、触覚印象などの機能を追加すると、悪意のあるユーザーが組織用に作成したPVCIDカードを複製することが困難になります。

PVC IDカードプリンターは組織に適していますか?

前述のように、印刷のニーズに適したカード素材を決定する際には、必ず専門家に相談してください。 ただし、PVCは耐久性と柔軟性があるため、IDカードを印刷するための優れたソリューションとして広く認識されています。 PVC IDカードの利点についてさらに学びたい場合は、すぐに当社にご連絡ください