メインコンテンツまでスキップ

カスタムIDカードは、組織のセキュリティに役立ちますが、これらのクレデンシャルは、IDカード攻撃や偽造の被害を受ける可能性もあります。 幸いなことに、セキュリティIDカードは、攻撃を阻止するための数々の機能をデザインすることができます。

IDカード攻撃とは?

IDカード攻撃とは、意図的に偽造IDを作成したり、正規のIDを改ざんしたりしようとするものです。 同様に、デザインでもIDカードの安全性を高めることができます。 ホログラムなどの光学的特性は複製が困難であり、それらのセキュリティ機能を持たないベーシックなIDデザインは、悪質な業者がデザインソフトを使って再現することができます。

IDカードのセキュリティ機能

EntrustのIDカード即時発行ソフトウェアを使えば、ユーザーはセキュリティIDカードのための多数の機能をシームレスに統合することができます。

  • 写真: 写真入りIDカードは、カード所有者の本人確認を迅速かつ簡単に行えるようにします。
  • 署名: IDカードにサインを加えることで、偽造を防ぐことができます。 また、IDカードにサインを加えることで、頻繁に物理的なサインが必要とされる職務での検証を効率化することができます。
  • カラーシフティングのデザイン: IDカードを傾けたり回転させたりすることで変化するデザインは、製作が困難であるため、より安全性を高めることができます。 Entrustのラスターカラーパネルリボンは、Sigma IDカードプリンターで、追加の工程無しで半透明のカラーシフティングデザインを印刷することができます。
  • データエンコード: データエンコードにより、ID番号、追加写真、生体情報などの関連情報を改ざんされにくい方法で保存し、アクセスすることができます。 データエンコーディングは、IDカードに埋め込まれた磁気ストリップを介して実行されるのが最も一般的です。
  • スマートカード: Entrustのスマートカードは、業界をリードするEntrust FIPS 201準拠のカードです。 最新のチップ技術により、カード発行にかかる時間を数分短縮し、タブレット端末での認証およびサイン操作を1秒以下にし、タップ&サインの素早い操作を実現します。
  • 触覚インプレッサー: 見て、触れて、実感できるデザインをIDカードにエンボス加工します。 触覚的要素は、誰かが改ざんしようとしたときに識別しやすいロゴ、シール、デザインなどで構いません。

スマートカードによる物理的セキュリティの強化

スマートカードには、マイクロプロセッサーやメモリーチップが搭載されています。 スマートカードリーダーと組み合わせることで、情報を伝えるための処理能力を発揮します。 また、組織のIDカードとして利用すれば、物理的な空間だけでなく、デジタル情報へのアクセスも可能になります。

ハイブリッドな職場のためのIDカードセキュリティ

職場環境は変化しており、IDカードセキュリティソリューションもそれに合わせて変化する必要があります。 ホテリングやホットデスクが急速に普及する中、組織ではこの柔軟なワークモデルに対応したIDカードのセキュリティポリシーが必要です。

成功するハイブリッドな職場のIDカード戦略には、次のようなものがあります。

  • 鮮明な写真は、知らない社員やお互いの顔が分からない社員に役立ちます。
  • 役割によるIDは、文字、色、柄の組み合わせにより、ADAに対応します。
  • フレキシブルなアクセスコントロールは、従業員がチーム、ニーズ、人数などに応じて異なるスペースにアクセスするために必要です。
  • 簡素化された訪問者管理は、迅速かつ合理的に訪問者IDカードを発行に必要です。

IDカードセキュリティのベストプラクティス

効果的なIDカードセキュリティプランは、組織の物理的セキュリティに影響を与える要因を十分に考慮することから始まります。

  • 何を守ろうとしているのかを考える。 セキュリティのニーズは、一般的に「4つのP」に分類されます。 人(people)、製品(products)、プロセス(processes)、財産(property)です。 IDカードによるIDおよびアクセスコントロールは、セキュリティの取り組みをどのように強化するのでしょうか?
  • エンドユーザーの手間を減らす。 従業員や訪問者は、組織のIDカードの入手や使用が困難な場合、より安全性の低い回避策を見つけるでしょう。 手間を減らして、コンプライアンスとセキュリティを向上させましょう。
  • IDカードデザインに組織のブランディングを浸透させる。 IDカードは機能的なだけでなく、アートワークにもなり得ます。 背景デザインには、透かしやホログラムなどの視覚的な機能を追加して、セキュリティを高めることができます。

IDカードセキュリティのためのソフトウェア選択

安全なIDカードを作るには、ソフトウェアのプラットフォームが必要です。 従来のソフトウェア型が主流でしたが、現在ではカード発行会社はSaaSモデルを選択することができます。 従来のソフトウェアは、データベースと連携し、カードのデザイン、発行、管理を簡単に行うことができます。 1台のワークステーションやユーザーにインストールすることも、複数のワークステーションに導入して全社的な機能を持たせることも可能です。 ベースとなる写真付きIDカードから高保証力のクレデンシャルまで、従来のソフトウェアで作成、発行、管理することが可能です。 ソフトウェアがもたらす機能は、いつでもどこでもIDカードが発行でき、ドラッグ&ドロップで簡単に使えるワークフローとテンプレートです。 このソフトウェアは高度な設定が可能で、IDカード発行会社はカスタムデザイン、ワークフロー、独自のユーザープロファイルを作成することができます。 また、モジュール式ソリューションの追加により、新たな技術を提供することも可能です。

これに対し、サービスとしてのIDカード発行は、IDカード発行の次世代モデルです。 物理的なIDカードとデジタルIDを同時に発行することができます。 プリンター状態の確認、クリーニング状況の確認、サプライ品の注文、ファームウェアのアップデート、ヘルプへの連絡などをすべてモバイル端末から行うことができるダッシュボードを提供します。 また、ブラウザベースのインターフェースでドラッグ&ドロップによる簡単なデザインを可能にし、余分なデータ入力の必要がない効率的なワークフローを構築します。

IDカード印刷におけるサプライ品の重要性

IDカードの発行には、高いセキュリティが求められる一方で、一貫した印刷品質、鮮やかな画質、優れた性能により、組織のブランドを反映させるニーズもあります。 そのためには、IDカードプログラムに適したサプライ品を選ぶことが重要です。 適切なIDカードプリンター用サプライ品を使用することで、IDカードプログラムは優れた性能、生産性の向上、効率の改善、美しいパーソナライゼーション、持続性のあるセキュリティ、および耐久性を実現します。

卓越したプリンターパフォーマンスと出力品質を提供するように調整できるシステムとサプライ品をお選びください。 サプライ品の補充が必要なタイミングを知ることができ、ダウンタイムを回避できる、「サプライ品不足」アラートを備えたシステムをお探しください。 また、中断を避けるために、適切な量のサプライ品が搭載されていることを確認する必要があります。 また、IDカードプリンターは、美しい画像、グラフィックス、セキュリティ機能を一貫して、鮮明かつクリアに出力する必要があります。 さらに、摩耗や破損に強く、偽造を事前に防ぐことができるようにし、IDカードの寿命を延ばす必要もあります。