メインコンテンツにスキップ

カードはどのように使用されますか?

最初に決定する必要があるのは、カードがどのように使用されるかです。 アクセスや視覚的な識別を提供するためですか、または支払いを行うために使用されますか? これらの質問に答えると、必要な情報とデザインする必要のあるカードの種類を決定できます。 また、IDカードだけを印刷するのか、一時的なカード、イベントカード、またはその他の種類のカードに使用するのかを決定する必要があります。

予算はいくらですか?

購入するIDカードプリンターを評価するときは、予算を把握しておくことが重要です。 必要な機能に応じて、数百ドルから数千ドルまでのIDカードプリンターがあります。 また、ソリューションの価格を決定するときは、消耗品ソフトウェア、およびサポートのコストも考慮するようにしてください。

片面プリンターまたは両面プリンターが必要ですか?

すべてのIDカードプリンターがカードの両面に印刷できるわけではありません。 一部は片面印刷です。つまり、カードを印刷してから手動でプリンタにフィードバックして、カードの裏面に印刷する必要があります。 両面プリンターの利点は、カードを自動的に裏返し、カードの裏面に印刷できることです。 したがって、IDカードプリンターを購入するときは、IDカードの片面の印刷で良いのか、または両面に印刷する必要があるのかを知っておくことが重要です。

年間何枚のIDカードを印刷しますか?

毎年何枚のIDカードを印刷するかを知っておくことも役に立ちます。 年間1,000、5,000、10,000、または20,000以上のIDカードを印刷しますか? 年間の印刷量が中量から大量の組織は、消耗品と人件費を節約するために、より高価なプリンターを前もって購入することをお勧めします。

IDカードプログラムに最適な印刷方法は何ですか?

デスクトッププリンタの2つの主要な印刷方法は、カードへの直接印刷と再転送です。

カードへの直接印刷: ほとんどのIDカードプログラムは、カードへの直接印刷を使用します。 プリントヘッドがリボンをカードに直接適用して、デザインと情報をカードに配置します。したがって、「カードへの直接印刷」という表現が使用されます。 印刷済みのカードを使用しない場合は、カードの端に小さな白い境界線が表示されることに注意してください。 カードへの直接印刷の利点は次のとおりです。

  • より経済的
  • 平均品質
  • より速い印刷速度
  • 白い境界線がより細く(印刷済みカードを使用していない場合)
  • 平均耐久性

再転写方式: 再転写印刷は、エッジにも印刷でき(つまり白い境界線は現れません)、高精細カードを生成することができます。 まずカード画像がフィルムを転写するために適用され、次にフィルムがカードの表面全体に適用されます。 プリントヘッドがカードに触れることはないため、テクノロジーカードへの印刷に最適です。 再転写印刷の利点は次のとおりです。

  • より高い品質
  • 印刷済みカードのストックを管理する必要はありません
  • 白い境界線なし
  • より高い耐久性

どのような種類のセキュリティ機能が必要ですか?

組織とカードの使用方法によって異なりますが、セキュリティに対処する方法が複数あります。 これには、署名、ロゴ、従業員の写真、UV蛍光または光沢パネルリボン、ホログラフィックラミネートなどの機能をカードデザインに追加することが含まれます。 さらに、プロキシまたは磁気ストライプの代わりにスマートカードを使用することで、IDカード印刷ソリューションにセキュリティレベルを追加できます。

どのタイプの接続がお望みですか?

考慮すべきことの1つは、単一のコンピューター(USB経由)で接続するのか、または複数のコンピューターが接続して印刷できるように、ネットワーク(イーサネット接続経由)で接続する必要があるかどうかです。 Wi-Fi接続の有無はプリンターを選択する上でのオプションの一つであり、それにより組織が印刷ジョブをプリンターにリモートで送信できるようにします。 イーサネットおよびWi-Fi接続はすべてのプリンターの標準機能ではないため、組織でこれらの機能のいずれかが必要な場合は、プリンターの仕様を確認してください。

カードはどのくらいの期間使用できれば良いですか?

これは、組織とカードの使用方法によって異なります。 それらは、数日または数週間のみ使用される短期カード(宿泊施設の鍵、ゲストパス、イベントパスなど)ですか? それらは複数年使用し続ける必要がある長期カード(大学の学生ID、国民ID、または運転免許証など)ですか? カードの耐久性に影響を与える可能性のある要因は多数あるため、組織のIDカードプリンタの選択について専門家に相談することをお勧めします。