メインコンテンツにスキップ

「署名」という言葉を聞いたとき、「紙にインクで書く署名」だけでなく、今日提供されている多種多様なデジタル署名も含まれることをご存じの方も多いと思います。 デジタル署名や電子署名について読んでいると、たいていは次のような疑問がわいてきます。 何か違いがあるのでしょうか?

デジタル署名とは

デジタル署名は、デジタルドキュメントに施された署名の真偽を検証し、送受信時の不正を防ぐ方法です。 デジタル署名は、特殊なタイプの電子署名であり、使用すると、署名者を名乗る人物によってドキュメントに署名が施されたことを受信者に証明できます。 デジタル署名の署名処理は、PKI技術といわゆる秘密鍵を基盤とし、文書内の情報のフィンガープリントを計算して、そのフィンガープリントを署名データに組み込みます。 署名データは、秘密鍵にリンクされた公開鍵とともに文書に埋め込まれます。 ドキュメントを受け取った人は、埋め込まれた署名データと公開鍵を参照することで、その情報と署名が本物であることを確認できます。 署名が読めない場合、または情報が変更されている場合、その署名は無効となります。

デジタル署名では、元のドキュメントが誰にも変更されていないこと、ドキュメントが偽造されていないことを証明できます。 デジタル署名は、各文書に固有の指紋のようなもので、ほかのドキュメントが同じデジタル署名を持つことは、決してありません。

電子署名とは

電子署名は、電子的に施される署名の一種で、ドキュメントに署名することを意図して採用されています。 電子署名は一般的に「手書きで署名する」プロセスを代替し、署名プロセスをデジタル化します。 電子署名には、一般的な署名のプリント、タイプ入力された署名、メールまたは手紙の末尾に追加される自動署名も含まれます。 ドキュメントの内容に対する承認のようなものです。 視覚的なマークで表現されることが多いものの、チェックボックス、タイプ入力された名前、アップロードされた署名画像などでも把握できます。 電子署名は、紙とペンを使用する場合に比べ、より簡単、迅速、効率的であると考えられます。電子署名では、ドキュメントの印刷、署名、スキャン、郵送の必要がなくなることから、より多くの時間と費用を節約できます。

デジタル署名と電子署名の違いとは?

電子署名は、なんらかの電子的な同意や承諾をすべて表すことができる用語です。 署名の画像や手書き入力のほか、クリック入力、ドキュメント確認のシンボルなども、電子署名に当てはまります。 必ずしも本人確認書類を付帯しているわけではありません。 署名の画像をアップロードすることは、誰でもできるため、電子署名では、署名者の真正性を検証する根拠となり得ません。 一方、デジタル署名は、署名者に関する確認済みの本人確認情報を含むデジタル証明書を通じ、PKI技術でサポートされている電子指紋のようなものです。 デジタル署名は、署名者の身元、署名された文書の真正性と完全性について、より有用な保証を提供するため、本質的に電子署名よりも安全だと考えられています。

PDFの署名は電子署名ですか?

PDFへの署名には、電子署名またはデジタル署名があります。 PDFファイルへの電子署名は、すばやく簡単で、通常はクリックするだけで実装できます。 デジタル署名もPDFの署名に使用できますが、こちらはデジタルIDとも呼ばれるデジタル証明書が必要です。 AdobeのAcrobat Readerソフトウェアは、企業が簡単に利用できるように、電子署名とデジタル署名の両方のソリューションを提供しており、Entrustのドキュメント署名証明書というデジタル証明書にも対応しています。 デジタル署名の使用は、PDFの最もセキュアな署名オプションです。

デジタル署名として成り立つための要件とは?

デジタル署名は、ドキュメントに埋め込まれる特殊なクラスの電子署名であり、ユースケース上必要であれば、可視化することもできます。 デジタル署名は、信頼できる認証局やトラストサービスプロバイダが発行するサーバー証明書を基盤としています。

デジタル署名の例を挙げると?

デジタル署名は、公開鍵基盤(PKI)をベースとしており、多くのユースケースで活用できます。 代表的なユースケースは、おそらくドキュメントへの署名ですが、デジタル署名はオンライン(サーバ間またはクライアント間)認証の一部、ウェブトラフィック認証、電子メール暗号化、さらにはソフトウェアの認証と完全性にも使用できます。

電子署名の例を挙げると?

電子署名は、同意や承諾を表すために使用します。 同意や承諾を表すには、メールや文書の末尾に名前を付けるような簡単な方法で十分です。 ほかにも、署名の画像をアップロードする方法、店舗で購入時にサインするときのように入力パッドで署名する方法などがあります。

高度な電子署名とは?

高度な電子署名とは、ドキュメントの署名者を特定するサーバー証明書を使用した、デジタル署名の一種です。 高度なデジタル署名は、ドキュメントの署名者とデジタル署名の作成に使用される秘密鍵を一意に識別し、結び付けます。 状況や規制によっては、サーバー証明書がなくても高度な電子署名を生成できる場合もあります。

高度な電子署名とデジタル署名の違いとは?

高度な電子署名とデジタル署名は、どちらも信頼できる機関から発行され、署名者の本人確認済みの詳細情報を含むデジタル証明書に依存するため、ほとんどの場合、両者は同じものです。

ドキュメント署名サービスとは?

ドキュメント署名サービスは、デジタルドキュメントへの署名をサポートするソリューションです。 文書署名サービスでは、文書のアップロードや選択、複数の署名の管理、リマインダー、監査証跡といった署名プロセスの編成を扱います。 市場では、あらゆるビジネスユースケース向けに多様なドキュメント署名サービスがあふれています。 お客様のビジネスで使用するあらゆる署名タイプを管理するため、ドキュメント署名サービスには、署名ソフトウェアプロバイダ、または実装パートナーが含まれる場合があります。

Adobeのデジタル署名と電子署名の比較

Adobe Acrobat SignまたはAdobe Acrobat Readerでは、必要に応じて電子署名とデジタル署名の両方を使用できます。 デジタル署名はより確実に署名者の身元を保証しますが、保証するにはEntrustのような信頼ある機関からのデジタル証明書が必要です。

デジタル署名とデジタル証明書の比較

サーバー証明書は、本人確認情報を含む電子文書です。 デジタル署名とは、サーバー証明書を用いて署名を施すプロセスです。 つまりデジタル署名には、サーバー証明書が必要なのです。