データを盗むための新しい巧妙な方法の考案に熱心なハッカーに対抗するために、セキュリティプロバイダーは、技術革新に継続的に取り組んでいます。Advanced ECCは、新しいものではありませんが、標準のRSAとは異なるアプローチを使用します。RSAは、増加する対数を使用することでその強みを引き出しており、処理により多くの時間がかかります。一方ECCは、ランダムな楕円曲線内で異なる対数を検出することに依存しています。楕円曲線が大きいほど、セキュリティが向上します。ランダムな数式を使用することで暗号化の強度が向上し、対数が小さいほどデジタル証明書のパフォーマンスが向上します。

メリット

より強力な鍵の実現

ECCは、より小さなアルゴリズムを使用して、RSA鍵よりも指数関数的に強力な鍵を生成します。

パフォーマンスの向上

アルゴリズムが小さいということは、サーバーとクライアント間で検証されるデータが少ないことを意味します。これは、ネットワークパフォーマンスの向上につながります。トラフィック量が多いWebサイトでは、この点が特に重要です。

楕円曲線暗号(ECC)が適した組織とは?

ECC技術を採用するEntrust DatacardのSSL証明書は、サーバーの負荷パフォーマンスが重要で、サイト訪問者とWeb/アプリサーバーがECC鍵と互換性があることがわかっている場合に最適です。

ECCのリソース