監査処理機能を装備

Datacard® Adaptive Issuance™ Data Accessでは、一元化された発行装置でカードを作製するときに、オンデマンドでのデータ復号化などのアプリケーションを実装するフレームワークとなります。これにより、データを操作してカスタムの生産追跡を実行できるようになります。

技術仕様

Datacardシステム

  • MX1100、MPR3800、MX2100、MX6100、MX8100、MX9100、DX3100、DX5100、MX2000、MX6000、PB6500、MPR5000、MPR5800、MaxsysおよびDesktopプリンター

オペレーティングシステム

  • Windows 7 Professional(32ビットおよび64ビット)
  • Windows 8.1(32ビットおよび64ビット)
  • Windows Server 2012 R2

最小要件

  • 2.58 GHz以上の64ビット(x64)プロセッサ
  • 4 GB RAM
  • 1280×1024の最小画面解像度
  • ハードドライブの空き容量が2 GB必要

パーソナライズモジュールの数とスマートカードアプリケーションのプロファイルによっては、システム構成の調整が必要になる場合があります。

ソフトウェアソリューション

  • CardWizard®、TruCredential™、Secura™、CDI

スマートカードアプリケーション

  • Adaptive Issuance EMV Data prep and perso Software
  • Adaptive Issuance MULTOS Data prep and perso Software

データベース

  • SQL Server 2012
  • SQL Server 2012 Express
  • SQL Server 2014
  • SQL Server 2014 Express
  • SQL Server 2016
  • SQL Server 2016 Express
  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2017 Express

関連製品

  • 集中発行システム
  • ソフトウェア
  • HSM

Adaptive Issuance Suite

Datacard® Adaptive Issuance™ Suiteは、セキュリティ、シンプルさ、および革新的な適応性のために構築された、セキュアな書類発行のための包括的な製品ファミリーです。

今すぐチャットする