メインコンテンツまでスキップ

ストレージの暗号化鍵の完全な制御とライフサイクル管理

オンプレミスやクラウドベースで暗号化されたワークロードは大幅に増加しており、企業にとって新たな課題が生まれています。急速に蓄積される暗号鍵をいかに効率的に管理するかです。 機密データの暗号化は、組織が直面する絶え間ない脅威に対処するために必要ですが、何万もの暗号化されたワークロードの鍵を管理することは、決して容易なことではありません。 データストレージ製品は、多くの場合独自の暗号化機能を備えていますが、企業規模の鍵管理には、ストレージ製品の範囲を超える特定の機能が必要です。

暗号化されたクラウドとオンプレミスのワークロードのための鍵管理

Entrust KeyControlは、データストレージ製品と統合し、鍵の作成、保管、配布、ローテーション、失効など、暗号化鍵のライフサイクルを自動化および簡素化します。 KeyControlは、鍵管理相互運用プロトコル(KMIP)を使用して、増え続けるストレージソリューション向けのFIPS 140-2 レベル1認定の鍵管理サーバーとして機能し、大規模な展開において何千もの暗号化ワークロードをサポートできるように拡張することが可能です。 オプションでEntrust nShield HSMを追加することにより、FIPS 140-2 Level 3の高保証のユースケースでの生成と鍵の保護が可能です。

統合リソース

デモの依頼はこちらから

データ保護に関するEntrustの担当者が後ほどご連絡いたします。
EntrustのKeyControl for KMIP-互換ワークロードを30日間無料でお試しいただけます。
閉じる