メインコンテンツまでスキップ
Google Cloud、AWS、およびAzureのロゴ
鍵は自社のクラウドに
Entrust KeyControlは、単一または複数のクラウドプラットフォームにBring Your Own Key(BYOK 独自鍵の持ち込み)機能を提供し、Amazon Web Services、Google Cloud Platform(近日公開)、およびMicrosoft Azureにおいて、暗号化されたワークロードの柔軟性、スケーラビリティ、および完全な制御を提供します。

オンプレミスで暗号鍵を生成し、クラウドで使用

クラウドでワークロードを暗号化するときは、暗号鍵がどこでどのように作成されたかを正確に把握し、それらを完全に制御したいと考えることでしょう。 しかし、ネイティブクラウドプロバイダーの鍵では、その保証を得ることができず、複数のクラウドでそれらの鍵を使用することはできません。

Entrust KeyControlが提供するBYOK機能を使用することで、暗号鍵をオンプレミスで作成してバックアップ、そしてクラウドに安全にエクスポートすることができます。

鍵管理の概要、およびクラウドにおける鍵のオーナーシップ、制御、および所有に関するオプションとベストプラクティスについては、「Key Management in the Cloud(クラウドにおける鍵管理)」のホワイトペーパー(英語)をご一読ください。

仕組み

KeyControl BYOKクラウド暗号鍵

KeyControl BYOKのメリット

完全制御

KeyControl BYOKは、GUIツール(単一の管理画面)を使用して、マルチクラウドで使用されるすべての鍵のきめ細かく完全な制御と鍵のライフサイクル管理を提供します。

自動化の効率性

自動化された鍵の交換、バックアップ、および有効期限アクションにより、セキュリティポリシーの管理とコンプライアンスが簡素化されます

統合やアップグレードが可能

KeyControl BYOKは、オプションのFIPS140-2レベル3認定取得済みのnShield HSMとシームレスな統合が可能。またマルチクラウド暗号化ソリューションであるEntrust DataControlにアップグレードすることもできます。

KeyControl BYOKに関する資料

仮想化環境のためのKeyControl

KeyControlは、仮想化および暗号化されたワークロード環境の鍵管理も提供します。

デモの依頼はこちらから

データ保護に関するEntrustの担当者が後ほどご連絡いたします。