メインコンテンツまでスキップ

Entrust KeyControlは、データベース暗号化鍵の完全な制御とライフサイクル管理を実現します

企業は、成長を促進し競争力を維持するために、これまで以上にデータに依存していますが、その結果、データベース環境が増大し新たなリスクと課題が発生しています。 データベースで管理される機密データは、外部の攻撃者や悪意のある内部関係者にとって非常に魅力的であるため、企業はこれらの環境を保護するために暗号化に頼ることが多くなっています。 その結果、暗号化鍵の数が爆発的に増え、そのライフサイクルの各段階で安全に管理しなければならなくなります。

データベースの鍵管理

Entrust KeyControlは、主要なデータベース製品と統合し、鍵の作成、保管、配布、ローテーション、失効、廃棄など、暗号化鍵のライフサイクルを自動化および簡略化します。 KeyControlは、鍵管理相互運用プロトコル(KMIP)を使用して、増え続けるデータ保護ソリューション向けのFIPS 140-2 レベル1認定の鍵管理サーバーとして機能し、大規模な展開において何千もの暗号化ワークロードをサポートできるように拡張することが可能です。

統合リソース

関連資料

デモの依頼はこちらから

データ保護に関するEntrustの担当者が後ほどご連絡いたします。
EntrustのKeyControl for KMIP-互換ワークロードを30日間無料でお試しいただけます。
閉じる