連邦政府機関とそのパートナーは、Entrust nShield HSMセキュリティソリューションを使用して機密情報を保護します

米国 連邦政府機関は、政府機関のオンプレミスおよびクラウド内のデータベースにある機密記録を曝露しようとするサイバー犯罪者、国家の攻撃者、悪意のある内部関係者などからデータを保護するという、込み入った課題に直面しています。

Entrust nShield®ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)、および当社のnFinityテクノロジーパートナーは、実証済みのデータ保護ソリューションを提供して、連邦政府機関が次のようなセキュリティフレームワークやプログラムと連携できるようにしています。

  • サイバーセキュリティ成熟度モデル認証(CMMC)
  • NIST 800-53
  • FedRAMP
  • DHS CDM
  • NSA CSfCキー管理

当社のすべてのnShield HSMはFIPS 140-2レベル3認定取得済みです。

Entrust nShield HSMはCarahsoftを経由した米国連邦市場で利用可能です 。

詳細については、当社のCarahsoftベンダーページをご覧ください。

Carahsoftにアクセス

ENTRUSTの米国連邦政府専門家までお問い合わせください

Entrust nShield HSMパートナーの統合

プレミアパートナー統合とサポートされているプラットフォームの詳細については、以下のロゴをクリックしてください。

Entrust nFinity米国連邦政府パートナーネットワーク

    国防総省および諜報機関のソリューション

    国民国家、その他の悪意のある攻撃者は、常に国防総省および諜報機関を探って、サイバーセキュリティの弱点を見つけ出そうとしています。元調達兵站担当国防次官のEllen Lordが、次のように明確に述べています。 「米国で日々サイバー戦争が起きていることは周知の事実です」 1

    今日の動的な脅威に対処するために、連邦政府機関はミッションクリティカルなデータと暗号化素材を保護しようとしていますが、その点においてEntrustと当社のテクノロジーパートナーに頼っています。当社は、幅広いユースケースやプログラム要件への対応にあたり、政府機関を支援してきた数十年の経験があります。例をいくつか挙げます。

    注目のテクノロジーパートナー

    民間機関ソリューション

    連邦政府機関は、その業務上の必要性から、大量の機密データを収集および管理します。その中には、個人を特定できる情報(PII)や、高レベルの保護を必要とするその他のミッションクリティカルな記録が含まれます。この大規模なデータストアは、金儲けのためにデータを悪用しようとするサイバー犯罪者にとって非常に魅力的です。

    民間機関は、データと暗号化資料を保護する点において、Entrustと当社のテクノロジーパートナーに頼っています。 当社は、幅広いユースケースやプログラム要件への対応にあたり、民間機関を支援してきた数十年の経験があります。例をいくつか挙げます。

    注目のテクノロジーパートナー

    参考資料

    ソリューション概要:NSA CSfCキー管理

    NSA CSfCキー管理(KM)要件附属書は、転送中の機密データのセキュリティを確保するために、承認されたアルゴリズムと証明書の使用を規定しています。このソリューションの概要をダウンロードして、鍵管理(KM)機能パッケージで定義されたHSM要件を満たすために、Entrust nShield HSMがどのように米国政府機関を支援しているのかご覧ください。

    パンフレット:Entrust nShield HSMのパンフレット

    Entrust nShield HSMは、安全な暗号化処理、キーの生成および保護、暗号化などのために、強化された改ざん防止環境を提供します。3つのFIPS 140-2で証明されたフォームファクタで利用可能なEntrust nShield HSMは、さまざまな実装シナリオをサポートします。

    パンフレット: Entrust nShield HSMプロフェッショナルサービス

    Entrust nShield HSMプロフェッショナルサービスチームは、世界で最もセキュリティを重視する組織向けに、暗号化アプリケーションの設計と実装に関する比類のない専門知識を提供します。カタログをダウンロードして、当社のチームが独自の環境に適したソリューションの設計と展開をどのように支援できるかを確認してください。

    データシート: Code Signing Gateway

    Code Signing Gateway Serviceは、組織が安全なコード署名要件を適切に満たすために役立つ、柔軟で一元化されたワークフロー自動化機能の範囲を提供します。 Code Signing Gatewayは、Entrust nShieldコード署名アプリケーションを実行する顧客ホスト型サーバーであり、Entrust nShield HSMプロフェッショナルサービスによって提供されるオンサイトインストールおよびトレーニングによって補完されます。

    ソリューション概要: コード署名

    Entrust nShield HSMのCode Signingソリューションは、コード署名キーセキュリティの強化に加えて、コード署名承認プロセスや暗号化キーの集中管理のための柔軟な自動化機能の範囲を提供します。 Entrust nShield HSM Code Signingソリューションは、認定済みの安全なハードウェアの秘密コード署名キーを保護するための高保証方法を提供するだけでなく、より複雑な環境を持つ組織のコード署名要求/承認ワークフローを簡素化および自動化するための柔軟な機能も提供するという点で独特です。

    ソリューション概要: Bring Your Own Key | Hold Your Own Key

    Entrust nShield HSMには、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azureのいずれを使用している場合でも、nShield HSMを使用してキーを生成し、長期ストレージを保護し、キーをクラウドにエクスポートできるメカニズムが用意されています。 詳細については、ソリューション概要をダウンロードしてください。

    関連製品

    追加情報をリクエストする

    Entrustの連邦政府専門家がすぐにご連絡いたします。