メインコンテンツまでスキップ

グローバルおよび業界の規則に準拠しながら、機密性の高い顧客バンキングデータを保護することが可能

Entrust nShield® HSMは、包括的な鍵管理と鍵の保護を提供し、デバイス、プロセス、プラットフォーム、および環境全体のデータを保護します。 Entrust nShield HSMは、金融サービスプロバイダーが顧客を保護し、政府および業界のデータセキュリティコンプライアンス基準を満たし、セキュリティ監査を容易にし、データ侵害による評判の低下を回避するのに役立ちます。

  • クリックして選択...

課題

規制遵守

データセキュリティのコンプライアンスと規制に関する課題だけでも、銀行や金融サービス会社にとっては気が遠くなるようなことです。 クレジットカード関連の情報、GLBA、SOX/J-SOX、NCUA、データプライバシーおよびデータ常駐に関する法律、さらには米国愛国者法については、PCI DSS内でデータ保管時のセキュリティ要件が定められています

データの保護

評判の高い銀行業務や金融サービス会社、その経営陣を保護するには、重要な財務データを危険から守る必要があります。

内部関係者、APT、および将来の脅威からの保護

金融サービスのオンラインインフラストラクチャが進化し、その数が増えるにつれて、データを保護するだけでなく、不正アクセスの構造を見極め、警戒態勢を取らせるための手順を導入する必要があります。

ソリューション

強力な鍵管理

Entrust nShieldハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)は、暗号鍵と署名鍵を安全に生成、管理、保管することにより、金融機関の最も機密性の高いデータを保護するのに役立つ、強化された耐タンパ性デバイスです。

安全な実行環境

機密性が高い鍵を保護するだけでなく、Entrust nShield HSMは、独自のアプリケーションを実行するための安全な環境も提供します。 オプションのCodeSafeを使用することで、Entrust nShield HSMのFIPS 140-2レベル3境界内でコードを発行および実行し、潜在的な攻撃からアプリケーションを保護することができます。

メリット

グローバルコンプライアンスおよび規制基準との整合

Entrustの厳格な基準への準拠により、規制環境でのコンプライアンスを実証しながら、Entrust nShield HSMのセキュリティと整合性に高い信頼性を提供することができます。

ブロックチェーンアプリケーションにも対応

Entrust nShield HSMは、金融サービス組織がブロックチェーンやその他の分散型台帳アプリケーションの基盤となる暗号鍵を保護および管理するのに役立ちます。 Entrust nShield HSMを使用することで、企業は分散型台帳に必要な高保証のセキュリティを提供するアーキテクチャを設計することができます。

関連資料

カタログ: Entrust nShield HSM製品カタログ

Entrust nShield HSMは、安全な暗号化処理、鍵の生成および保護などのために、強化された耐タンパ性環境を提供します。FIPS 140-2認定取得済みEntrust nShield HSMは3つの形状があり、さまざまな実装シナリオをサポートします。

    関連製品