メインコンテンツまでスキップ

ドキュメントの所有権と整合性を自動化

Entrust Signing Automation Serverは、エンタープライズやトラスト サービス プロバイダー向けのオンプレミス署名プラットフォームです。デジタル署名をアプリケーションに統合するための包括的なWebサービスを提供します。これは、ETSI CAdES、XAdES、PAdES規格に従ってデジタル署名操作を一元的に組み込むように設計されています。

Entrust Signing Automation Serverの利点

無人の一括署名統合

署名の生成と検証のサービスには、Web APIを介して、または監視フォルダーモジュールを使用してアクセスできます。

強力なコンプライアンスと監査機能

監査ログは、サービスアクセスリクエストと構成の変更に対して生成されます。

一元化された鍵とポリシーの管理

証明書、鍵、ポリシー管理の集中リポジトリとして機能し、署名プロファイルを設定できるようにします。

仕組み

アーキテクチャ

Signing Automation Serverには、さまざまな統合戦略で使用できるサービスとして、一連のセキュリティと信頼のメカニズムを提供する機能が組み込まれています。

  • SOAP/WS:WebサービスのアクセスプロトコルとしてOASIS DSS規格を使用
  • REST/WS、SOAP/WS: XMLパイプライン言語によるトラフィックとデータ処理の構成をサポートするEntrust Signing Automation Server統合ゲートウェイを使用
  • Java SDK:ネイティブJavaアプリケーションに電子署名サービスを簡単に統合するために

次の図はEntrust Signing Automation Serverプラットフォームを組織に統合する場合の一般的な例を示しています。

 

Entrust Signing Automation Serverのアーキテクチャ

Entrust Signing Automation Serverのリソース