メインコンテンツまでスキップ

より便利でセキュアにドキュメント署名を行う方法

Entrust Remote Signing Serverは、トラストサービスプロバイダー向けのオンプレミスのソリューションです。Web API経由で簡単にアクセスでき、法的要件を満たしたクラウドベースの署名サービスを展開するために使用します。 署名鍵はHSM内で一元的に保護され、ユーザーはハードウェアやソフトウェアトークンを必要とせずに、デバイスからドキュメント署名をリモートで承認できます。

Entrust Remote Signing Serverの利点

eIDAS規格(eIDAS規則)に準拠した署名

Entrust Remote Signing ServerはeIDAS規格(eIDAS規則)に準拠しており、Qualified Signature Creation Device(QSCD)で署名操作を実行します。

国際的に認められている署名の規格に準拠

このプラットフォームは、デジタル署名を必要とする業界製品との非常に高いレベルの信頼性と相互運用性を提供します。

ユーザー用のハードウェアやソフトウェアトークン不要

オンボーディングと署名のプロセスは、専門知識がなくても、どのデバイスからでも実行可能です。

仕組み

アーキテクチャ

Entrust Remote Signing Serverにより、Trust Service Providerが運用するウェブサービス経由で、リモート署名および 2FA ベースで署名をアクティベートする機能を利用できるようになります。 次の図は、Entrust Remote Signing Server、オプションのMobile IDモジュール、お客様のインフラ間のやり取りを示しています。IdPは記載していません:

 

eIDASアーキテクチャの図

 

 

Entrust Remote Signing Serverのリソース